はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ビーファイターのジャスティス

◆wayさん
 >大作なりに「女のくせに」みたいな意識を込めてぶつけた言葉なのかもしれませんが、完全にスルーされてましたね(笑)
そもそも他に女の敵が居ないので、色々間違ってるよ大作!(笑)
 >昆虫の命を借りて戦っているビーファイターとして無視しにくい問題
ここで一つ、提示した世界観に対して責任を取ろうとした感じがありますよね。大きなテーマとして掘り下げていくと面白そうではありますが……浅香さん辺りが手を出すと大惨事の予感がするのが、悩ましい所です(^^;
 >インセクトアーマーなので自然治癒能力があるのでしょうけど、どうにも「手入れ」というか「治療」っぽく見えてなりません。
あああ、絆創膏を貼ってる、みたいな(笑) 開発者を勢いで抹殺してしまったので自分でメンテしていると思うと、凄く、間抜けな光景……。
 >単純に「帰ってもらえば解決!」は、わかりやすさ優先にしても短絡的すぎたような。
こはちょっと、「故郷」というキーワードを入れる事を優先しすぎてしまった感じはありましたね(^^; 協調して情報提供を求めるという方向に進むといやらしいので避けたい、というのもあったのかもですが。
 >舞もまた、昆虫の魂に身を委ねる第一歩を……(笑)
戦争ってなんだろう、と考えさせられるビーファイター……。
◆インザファイトさん
 >傭兵戦士ゴルゴダルですが、演じた加藤氏の名演もあり、非常に人情味溢れるキャラとなりましたね。
改心キャラを、如何にも気弱だったり優しげだったりではなく、悪いおっさん声にしたのは良かったですねー。
 >ジェラは正直言って理想の上司でいてほしかったかもしれません・・・が、
 >ブラックビートの出現で自分の地位が脅かされていたために焦っていたのかもしれませんね。
失脚寸前→ブラック登場→自分探しの旅、という形で段階踏む事で、ジェラの行動にもしっかり説得力が出ていましたね。ブラックがいちいち煽るのも効果的だったと思います。
 >愛すべきバカ、って表現もありますしね。少なくともデスマルトとカマザキラーの時はギガロのうっかりのおかげで助かりましたし^^;
ど、どじっ子属性……?
 >ここで舞にこの話を持ってこれたのは大きいと思います。
大事故になりかねなかった中盤の降板劇を、うまくヒーローと悪の補強に繋げてくれましたね。
 >最終回を迎える頃には前二作とはまた違った新しいジャンルの「正義」が生まれそうな気がします^^;
前々作もでしたが、明快なヒーローを描こうとしたら、何故かきわどいものを孕む事になっているという(笑)