はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『天下創世』プレイ録:簡易版3

−−−
第1話「次々と出てくる息子達の能力値はどれも70以下の北条家」
第2話「侵攻すればするほど京の都が遠ざかる北条家」
−−−
久々になりました。あまり進めてないのですが、忘れない内に(^^;
さてさて、
松永久秀が家臣に居る」
がどうやら、足利義輝暗殺イベントの発動条件らしく、なんとびっくり、
三好家を滅ぼしてその家臣団を取り込んでいた
長宗我部国親が、義輝暗殺
いや確かに、国親、顔グラフィックの人相悪いのですが。どこの山賊だみたいな顔ではあるのですが(笑)
……いやー、これは、足利義輝、報われないなぁ(^^;
そして長宗我部は急遽、四国〜近畿・中国地方の根本一体までを支配する、巨大勢力に。領地が非常にいびつな形になった上に武将数も少なく、大丈夫かオイ、という感じになっていますが(将軍暗殺すると足利家の家臣団は浪人?扱いとなるらしく、武将不在の領地が一気に4つ増加する形に)。
本人もそろそろ、寿命来る筈だしなぁ。
まあ、より優秀な息子(元親)が控えてはおりますが。
で、西の動乱を横目に見つつ、伊達・南部を倒して北条家は東北地方までを完全制圧。
そんなある日の事、1562年頃、氏康様が、
征夷大将軍になるぞ
とか突然言い出しました。
…………そういえば、確かに義輝が暗殺されて将軍不在ではあります。……義昭はどうなるのでしょう(笑)
おそらくイベントの発動条件が、
将軍不在・大名ランク「天下人」以上
とかなのでしょうが、非常に間隙を突いた形に。
いや何かね、物凄い、
詐称疑惑
があるのですけどね、本人はすっかりノリノリで、「幕府開くぞ」とか言って就任してしまいました。
義昭も義昭で担ぎ出されて、東西に二人の将軍が並び立ったりすると、歴史if的には面白な展開なんだけどなぁ。
経緯はともかく征夷大将軍になった事により、役職で能力が+12され、氏康の統率が110になり、上杉謙信を越えました(笑)
また、特典として空いている(?)役職を配り放題になり、配下武将の統率が全体的にUP。これでかなり、戦力の底上げが出来ました。
しかしこれだと、明らかに関白より征夷大将軍の方が有利な気がするなぁ。
後は「破壊」持ちがもう少し家臣に加わると楽になるのですが。長宗我部の時には結構居たのに、東国は「破壊」持ち少ない気しますよ。「突撃」(騎馬隊の特殊攻撃)持ちは、そんなに要らないよ、というぐらい居るのに。
侵攻の方は、上杉家と交戦中。
謙信が興奮して「突撃LV3」発動すると誰も止められない為(鉄砲隊とか、文字通りに瞬殺される)、兵力の損耗が激しい事この上ありません。最終的には焦土作戦もやむを得ないか。