はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ロボット魂・クロスボーンガンダムX−1買ってきた

予想はしていたのですが、なんというか、超高級な食玩という感じ。普段あまり買わないので、玩具の値段設定というのが今ひとつピンとこないのですが、もう少し、ボリューム感欲しいなぁとは正直。よく出来ているとは思うのですが、ターンXが割とマッシヴだったのに比べ、全体的に造りが細いというのもあり、何となく、手にした時の満足度が微妙。まあこれは、私が玩具に求めているものの問題もあるのでしょうが。可動優先ではあるのですが、同時にある程度の、重量感も欲しいのですよねー……重量感と値段が頭の中で繋がる辺りは多分、感覚が幼児の頃と同じなのでしょうが(笑)
動きに関しては文句なし。
というか、超絶無駄可動
何故か胴体部分に可動ポイント入っていて、体半分折り曲げて海老反りできたりとか、微妙にMSを踏み外し気味の動きが可能です。可動の幅広さとポージングの安定度は、クロスボーンというよりはむしろシャイニングかゴッド的なものを彷彿とさせ、ロボット魂はGガンを出すべきだろう、とGガンに特に思い入れ無いのに思うぐらい。この辺りを踏み台に、その内、ラインナップに乗りそうですが。
一方で、全体的に細い造作の為に、ごつい武器が微妙に似合わず、一番似合う武器が、ナイフ(笑)
ついてて良かった、ナイフ。
そんなわけでボディバランスとしてのボリューム感以外は、概ね満足(せめて肩と二の腕がもう少しがっちりしていればなぁ)な出来。後はX−3まで出してくれさえすれば……。