はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

スーパーロボット超合金・ヴァイスリッター

というわけで、アルトのお供にヴァイスリッター
アルトアイゼンが抜群の出来だったのと比べると、やや物足りない出来に感じたのですが、これは待っている間に期待感が高まりすぎたのと、そもそも元ロボットにそれほど強い思い入れが無い為な気がします。……うん、アルトは好きですが、ヴァイスは実はそうでもなく、そうでもないですがしかし、この2体はセットで並べないと駄目だと思うわけですよ。
その上で、値段の割には素材が軽いかな、というのは気になりました。アルトに比べると、質感が物足りず、個人的には、もう少し重い質感の方が好み。
恐らくその分、背中のバックパックに凝って、プラズマカッターまで付いてきたという感じ。
まあそもそも、軽いマシンではありますが、レーベルのウリを考えると、肩周りはもう少し重くても良かったかな、と。あと、青色が綺麗は綺麗なのですが、ちょっと安っぽい青になってしまったのは残念。アルトは実に丁度良い赤っだった。
良い所としては、オクスタン・ランチャーを思い切って軽く作った事で、ポーズの保持がしやすくなっている点。長柄武器はその重量でポーズが取りにくい場合が多いのですが、その点は問題なし。これは英断だったかと思います。
問題点は、プラの可動部が、あちこち外れる事(^^; 肩アーマーが凝った3段になっているのですが、動かした拍子にいきなり外れました(笑) あと、アルト同様に、各間接部分に伸縮余地があって可動域を拡げられるのですが、肘部分を伸ばそうと思ったら、肘の根っこから外れました(笑) 幸いすぐ付けられましたが、その辺りの玩具的ながっちり感は薄いです。
その内、バックパックの羽は遊んでいる最中に転がして折ったりしそうで怖い。
レーベル的にはやっぱり、がっちりした感じのキットの方が、お得感がありそう。
というわけで、ゲシュペンストとかR−2パワードあたりが出ればはまりそう。
カイ・キタムラ仕様のモスグリーンなゲシュペンストとか出たら、ちょっと考える。