はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

スーパー貴公子タイム

後半、三杉くんが投入されると、チーム自体の性能が上がるらしいです、むさし。
ここ最近、FC『キャプテン翼2』(テクモ)を我が家でプレイしている人が居るのですが、特別思い入れが無いのと基本的にほとんど忘れているので、ネタとしていては後ろで見ていて非常に面白いです。たぶん実際プレイすると、苛々しそうですが(笑)
というかプレイヤーは遂に、「もう鬱陶しいから森崎のコマンド入力をしたくない、顔出すな」とか言い出しました(笑)
GKもとい頑張っている人である我等がSGGK森崎は、性能が異常なほど原作に忠実です。基本、南葛のゴールは常にからっぽです
名無し汎用キャラ(てきの○ばん)の素のシュートも防げないからな、森崎!
実質、南葛の守護神は、石崎と高杉。
まあ、やればやるほど経験値が蓄積されてレベル(=能力値)が上がるので、ひたすら繰り返していれば、いつかクリアできる(多分)ゲームなのですが。というか、素で一発クリア出来ないと思うのですが、どうなのかしら。
全体的に音楽が格好良いので、繰り返しプレイの苦痛度がやや減じるのは良いところ。
ところで日本編の南葛の相手は、


次藤くん→立花兄弟→カミソリ→貴公子(彼女持ち)→なだれ(彼女持ち?)
と、勝ち進む程にはかったように敵ライバルのイケメン度が上がっていきます。
勝戦の強引なドリブルときぇぇぇぇは固定ボスみたいなものなので、置いておくとしても、なんか松山くんにはどうしても、人間として負けている気がして仕方がありません岬(ゲーム中、翼がブラジルに居る為、南葛を率いている)。
やっぱり、「はやぶさシュート!」みたいに、とりあえず口から出任せで叫んでみるべきだと思うのですよ、岬太郎には必殺技が足りない。
そういえば、決勝で会ったきえぇぇぇは、どんなシュートを打っても「きえぇぇぇ」なのですが、もうデフォルトできぇぇぇぇなのか。
改めて今やると、このネタの豊富さは本当に凄いと思う、『キャプテン翼』。往事の高橋陽一とジャンプのパワーって、なんか物凄い。