はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

木佐貫が7勝目

〔オリックス・木佐貫、8回1失点で7勝目/sanspo.com〕
巨人の場合、チームの事情や戦力の問題でどうしても、ローテの当落線上に居る先発指向のピッチャーに与えられるチャンス、というのが少なくなりがちなので、巨人でくすぶりがちな中堅ピッチャーは、腰を据えてローテで使ってくれる環境に行く、というのはやはり手な気がします(「出たい」と言って即「出られる」というわけでもまあ、無いですが)。
出した巨人の方にも残った若手投手の、そして使う監督・コーチ側の覚悟が変わってくる、というメリットはあって、去年、高橋尚と木佐貫が出た事と、今年、東野や西村が先発ローテで踏ん張っている事は、無関係ではないと思う。
そして抜けた部分にFA移籍の藤井が見事に収まったというのが、今年、投手陣のバランスが取れている所。
これで小林雅や豊田がもう少しぴしっとしていれば、山口を先発に固定できて、その先の構想へ向けて文句無しではあったのですが、現状、山口だけが少し可哀想な事になっている。久保が出来すぎな大活躍で全ての穴を埋めている感じですが、欲を言えばもう一人、中継ぎでぴしっとしてほしい所。今、久保と越智以外は、数で誤魔化しているので(笑) 今年このまま優勝したら、MVPは久保でしょうと言うぐらい、久保で拾った試合は多い。
野間口辺りがぴしっとしてくれると、助かるんだけどなー。