はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ドバイワールドカップで日本馬ワンツー!

勝つどころか、なんとワンツー!
遂に日本競馬が、世界の牙城の一角を崩しました。
デムーロの騎乗も凄かったし、ジャパンカップ以降のピサの脚質はなんかこう、「自在」というよりは「変態」的だなぁ。
ヴィクトワールピサは、ドバイ→香港→シンガポール→イギリス→フランス→アメリカ、の超ウィポローテへ向けて、夢が膨らみます(笑)
トランセンドも、いつものパターンに持ち込んで、見事な2着。日本の純ダート馬としては、過去最高位でしょうか。
ところで、なんでコーナーでずっと左向いているのかと思ったら、


「2着で悔しいけど、馬はよく頑張ってくれました。前に車が走っていたので、驚いていたようです。直線を向いたときは、いけると思いました」
安田隆行調教師のコメント/JRA公式より
車を見てたのか?(笑)
一方、日本の高松宮記念は、キンシャサノキセキが連覇!
鞍上のリスポリは、短期免許最終日を、自ら飾りました。
入線後の大興奮が印象深い。
最終日だし、そうとう気合い入れて狙っていたというのもあるのでしょうが、イタリアのトップジョッキーが日本のG1勝ってこれだけ喜んでくれたという事を、競馬ファンとしては嬉しく思いたい。
そして皐月賞は軽いステイゴールド産駒祭になりそうな予感。