はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『三国志11』:アルティメット皇帝パワー

204年2月、蜀の地を制覇し、ケイ州攻めに取りかかろうとする曹操軍。
突然、よりによって孟達献帝禅譲を要求(笑)
曹操、帝位に就く。(なぜか拒否権なし)


荀イク「おめでとうございます」


貴方がそれを言っては駄目だーーーーー(笑)
まあそんなわけで、なし崩し的に、皇帝になってしまいました。
このイベントに拒否権無いのはどうかと思います(笑)
その後のイベントで魏帝に就位し、封禅の儀を執り行うと、皇帝パワーで、全能力値が+2! 只でさえ完璧超人なのに、〔統率100/武力75/知力95/政治97/魅力99〕という、もはや伝説クラスのクリーチャー誕生。
泰山からは何か、凄いエネルギーが出ているに違いない。
ケイ州には、ぼちぼち侵攻中。
今作、河沿いにやたらに港があって思いもかけぬ位置から攻め込まれる場合があるので、河越えの侵攻ルートをどう組めばいいのか、悩み中。まあ、兵力差がかなり出ているので、多少のリスク負って火傷しても、物量で圧倒作戦で押し勝てそうな気はするんですけど。
趣味としては、出来ればなるべく綺麗に勝ちたい。