はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

時を越えろ 空を駆けろ この星の為


イムリーに、ディスクシステム仮面ライダーBLACK −対決シャドームーン−』が出てきました。
で、これがまあ残念なゲームで、
スーツが全身鉛製なのでないかというぐらい動きの遅いブラック
万歳ポーズで垂直ジャンプだけはやたらに高いブラック
スムーズに反転できないブラック
と、南光太郎の虫人間(脳味噌空っぽ)ぶりが全開。
AボタンがジャンプでBボタンがパンチで、上ボタンがキックという操作方法も、色々と不可解。
音楽もアクションも泣くほど単調でボス戦もさっぱり面白くない割に、1面だけで4ステージあり、ボス怪人が順番に登場する為、もしかして原作と同じ数の怪人を倒す羽目になるのかと、戦々恐々の出来。
2面では唐突にバトルホッパーに乗ってバイクアクションステージになるのですが、これもさして面白くもなく、色々と駄目なゲームでした。
多分、OPの変身シーンが一番の見せ場(笑)