はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

松井と巨人


「まだ来季の選手契約、戦力構想のことは全く考えていない」とする同社長も、松井に関しては「切り離して考えます」と断言。松井が日本球界復帰を決断すれば、古巣の巨人も含めた激しい争奪戦が予想される。
〔DeNA 松井予算出す!今オフ獲得へ「価値はある」/スポニチアネックス〕
すっかり獲得の方向で動くことにされていますが、率直なところ、今の巨人がオフに松井を獲得するという事は、
来季1シーズンを松井の引退試合として使う
とほぼ同義になると思うので、どうだろうなぁ。
獲得したら代打専門というわけにもいかないだろうし、下手すると4番固定を要求されるのは、チームにとっても選手にとっても、不幸な結果しか招かないと思う。環境の変化などにより松井が劇的な復活を遂げる可能性も無くはないだろうけど、そこまで甘くないだろう、というのが個人的な見立て。少なくとも、賭けるには分が悪すぎる。
勿論、松井の持っている“成績以外の価値”というものは存在しますが、巨人という“結局、勝利以外の価値は求められないチーム”と、今の松井の存在は、相性が悪すぎるという他ない。
野球ファンが“打てない松井”に優しいのは、要するに、アメリカにいるから、であって、もちろん松井本人は、誰よりも、そんな事は重々承知でしょうが。
そんな中で、DeNAは、松井の持つ“成績以外の価値”を活かせるチームであろう、とは思う。
で、そろそろ誰かが、「WBCは4番・松井のドリームチームで挑もう!」といえば、あちこち万事丸く収まる気がしないでもない。