はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

七夕の七夕賞

本日の新馬戦勝ち馬

函館:サングラス
福島:ハツガツオ
中京:ジャックトマメノキ

って、なんか凄い。
夏のいまいちダート王決定戦といった趣になったプロキオンSは、アドマイヤロイヤルが僅差勝ちで重賞初制覇。前走の勝利で何かに目覚めるのを期待されたダノンカモンは、僅差の3着。掲示板5頭の馬齢が6−7−7−6−7と、見事に、ぴりっとしないベテラン達で締められました。まあ、2着のセイクリムズンは、相手が弱ければきちっと勝てる馬ですけど。
七夕賞は、マイネルラクリマが先行して快勝。
これで柴田大知は、14年も重賞に縁が無かったとは思えない、この3年で七つ目の重賞勝ち(うちG1、3つ)。素晴らしい。
調整遅れを言われていたトレイルブレイザーは58kg背負って2着に入り、秋に向けて視界良し、か。