はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

的を射貫く

〔【白梅賞】(京都)〜エイシンブルズアイが人気に応える/競馬実況WEB〕
これで、一息入れて?ステップレースからクラシックへ、というコースに乗れるのかなー。
ちょっと面白いかな、と思っている1頭。
明日の京都は雪かもしれないという事で、日経新春杯は前日時点でオッズ付かず。
G1はちょっと敷居が高いけどG2なら行けるよ、というランクの馬すら居ないどころか、重賞勝ちが16頭中2頭だけ、という薄いメンバーなので、注目は、菊花賞2着からのサトノノブレスと、喉鳴り克服のアドマイヤフライト、前走大穴明けた重賞勝ち馬フーラブライドという辺りになるのか。
しかし例年どれぐらいのメンバーだったか、と思ったら、去年もほとんど重賞勝ち馬見当たらなかったので、このぐらいなのか。まあ、開催時期が時期なので真の有力馬が出てこないのは当然とはいえ。
京成杯プレイアンドリアルは、ちょっと格好悪いレースを出来ない立場での出走となったので、陣営としてはプレッシャーのかかるレースだよなぁ、と。