はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

電子の果てまで何マイル?

デウスエクス』てきとープレイ日記7。
わけあって警察を退職後、元カノのコネで大企業の警備主任に再就職した筈なのに、気がつくと引田天功ばりの大脱出ばかりしている今日この頃、じっと手を見る。
最近のプレイスタイルは、ひたすらハッキング。検知率を下げるスキルを最大LVにした結果、滅多な事ではハッキングがバレなくなったので、パスワードを入手済みのPCなども、ひたすらハッキングを敢行して、細かく経験値稼ぎ。相変わらす射撃は苦手で正面から敵と戦う技術も防御力も無いので、ちまちまとトランキライザーライフルなどで気絶させながら進むのが基本。
そして漁る! 漁りまくる!
小銭とデータは全てこのジェンセンのもの!
順調に最低な感じになっていきます。
そんなわけで大手マスコミの後ろ暗いネタを色々と入手しつつ、世界一有名なキャスター・エリザとの接触を図るジェンセン。だが、辿り着いた真実は、エリザは人間ではなく、超高度なAIによる仮想人格という事実だった。エリザを説得して事件の背後関係について聞き出そうとするジェンセンだったが、そこへ現れる傭兵部隊の刺客!
というわけでボス戦〜。
ボス戦については、制作側も、色々考えたのだけど結局火力勝負になってしまい、もっと何とかしたかった、と反省しているそうですが、通常のミッションの道程が、正面突破したり身を隠したりハッキングを利用したり……など色々なルートがあるのに対して、強制的にタイマン勝負のセメントバトルになってしまうのは、どうもいただけない所。
特にうちのジェンセン、ハッキング優先で育てているので、喧嘩苦手ですし(^^;
最大の問題はプレイヤーの技量ではありますが、ステルス/ハッキング寄りのプレイヤーへの救済策は欲しかった所です。気がついてないだけで、あるのかもしれませんが。FPS慣れしていないと、敵の動きが速すぎて、基本、考えている余裕も無いのです(^^;
普段は反射神経勝負というよりも、警備の行動パターンを観察して対応するという流れになるので、何とかなるのですけれども。
一応頑張ってみたものの、やはり無理そうなので、粘っても時間の無駄とまたもイージーモードに(^^;
イージーモードにしたところで、二桁近く死亡するわけですが、なんとか撃破。
見た目で敵にダメージを与えているのかわかりにくいのも、困った所。
終盤のボスに勝てるのかどうか、不安が募ります……。
こちとら、ただの産業スパイ(あれ?)で、改造兵士じゃないんじゃぁぁぁぁぁぁ(ジェンセン、魂の叫び)。