はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想21

――夏だ! ブレイブだ! プレズオンだ!
そうだね、夏休みに合わせて新メカ出さないとね!(おぃ)
次回予告から、苦戦&新スピリット登場編かと思われましたが、蓋を開けたら千葉繁祭。
「私も、彼の声を初めて聴いた時は、運命を感じたよ」
……て、スカウト理由それですか、トリンさん。
トリンさんなら有り得そうな所が怖い。
2013年にギャグシーンでコケ演出はどうなのか、と思ったのですが、もしかするとこれも『奇面組』の頃のギャグの間合いへのちょっとしたオマージュだったのか。それはそれとしても、どうにも加藤演出とテンポが合わないのですが。
シナリオとしてはそもそも、ゼツメイツが最初に出てきた時から、今ひとつ強敵感に欠けるので、復活しても、どうにも盛り上がりません。ナガレボーシの時は一応パワーアップ展開に繋がりましたが、あの時も、ナガレボーシ以外に雑魚敵から強かったですし。良くも悪くも前のめり過ぎて、苦戦の積み重ねが無いのは、今作の弱点の一つ。その為、武器を封じられたぐらいであの面々がうろたえるのも、説得力に欠けてしまいます。
あと、既に「ウッチー」が居るので、ドクターの「○○っち」という呼びかけは、全く面白くならなかった(^^;
細かい見所としては、吹っ飛ばされた時に手がご主人様(キョウリュウピンク)の胸元にぶつかったソウジくん(キョウリュウグリーン)はたぶん1ヶ月は腕を洗わない、デーボス滅ボールを食らった際になんか物凄い吹き飛び方しているキョウリュウゴールド(開脚前転2回半捻り?)、ノッさんへの酷い扱い、孫娘はそんなに可愛くなかった、そろそろ、あまりに可哀想なのでイアンの女好き設定は無かった事にしてあげてもいいと思う。
次回、デーボス様は本当に社会復帰出来るのか?!