はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ブレイブ

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想29

だ、駄目だ…… 軽トラの荷台に積まれたトリンさんの図 が、ギャグにしか見えない。 というわけで、肝心な所が笑えて仕方ありませんでした。 そんなトリンさんは割と勢いで復活。 しつつ、どうやら劇場版で明かされていたらしい、キョウリュウジャーの根幹設定…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想28

TV本編といい劇場版といい、坂本監督は職権でアイドル(の太腿)撮りたいだけでは、という気がしてきた今日この頃。 キャンデリラとエンドルフの共同戦線による陽動の隙に、腰痛の悪化したトリンをさらわれてしまうキョウリュウジャー。 トリンさん、すっ…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想27

脱いでみた。 DVD発売記念で。 竜星涼 1st DVD出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)発売日: 2013/10/11メディア: DVDこの商品を含むブログ (1件) を見るしかし最近、天火星・亮さんの凄いの見てしまったので、もう一押し欲しかった(何が)。 餃子…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想26

珍しく、持ち上げられるイアン。 「イアンはキングの片腕、チームの頭脳だろ」 イアン→キング視点で見ていると、その台詞は凄くきついよノッさん!(やめなさい) なおこの伝でいくとノッさんは「キングの踏み台、チームの壁」といったところか。 毎度、“他…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想23〜25

バタバタして見ていなかった分から、最新話までまとめて。 ◆23話 最大の見所は、 人間電池 て、4文字にまとめると、江戸川乱歩的猟奇ものっぽくなる不思議。 まあ、デスマーチ中のプログラマーがどうしてもプログラムが正常に動作しないで悩んだ挙げ句に…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想22

そういえば前回さらっとしすぎて流してしまったけど、博士がチェンジャーを量産したので、「戦隊」が組めるだけのメンバーを揃えられた、という理解でいいのでしょうか。割とこういう、重要なポイントをさらっと流す作品です(^^; 「面白くない」 と、可…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想21

――夏だ! ブレイブだ! プレズオンだ! そうだね、夏休みに合わせて新メカ出さないとね!(おぃ) 次回予告から、苦戦&新スピリット登場編かと思われましたが、蓋を開けたら千葉繁祭。 「私も、彼の声を初めて聴いた時は、運命を感じたよ」 ……て、スカウト…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想20

……本編の内容が全て、「けんいちくんとひろしくん(38)」と次回予告でどうでもよくなってしまうという、恐ろしい回。 計画的犯行としか思えません。 計画的犯行といえば、ウッチーの死亡フラグを持ってくるのがキョウリュウシアンな所に、レギュラーにな…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想19

薄々そんな気はしていたけど、 ソウジくんはイアンを自分より下のヒエラルキーに置いている。 そしてその判断は、たぶん間違っていない。 イアンは女性がらみのネタが出る度に、 ああ、イアンの本命は、男だから…… という疑惑が確信に近づいていきます(おぃ…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想18

先週から、ずっと滝に居たのか、キョウリュウシアン。 「弱さが無いから強くなれない」と戦力外通告を受けたダイゴ、キョウリュウグレーと修行の延長戦に。紆余曲折あって、今の自分にとって怖いのは仲間を失う事、と気付いたダイゴは、仲間を失いたくない必…

凄惨な青酸

突然ですが私の中で「シアン」というと 「シアン」→「シアン化合物」→「よく知らないけど何だか危険な毒物だったような」 という連想が働いて、どうしてもキョウリュウシアン=ラミレスが見た目通りの気さくなぽっちゃりと思えずに居たのですが、この際なの…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想17

まさかの雑魚敵パワーアップ。 そしてOPもバージョンアップ。 でなぜ負傷メイク?。 と思ったら劇場版CMでした。 監督は、柴崎貴行。これで17話にして6人目、と今時は夏の劇場版で早めに抜ける都合などあるだろうにしても随分色々な監督を入れてきま…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想16

踏 ん だ ! ご褒美です。 一方ウッチーも、ご主人様と一緒に岩盤を支えているフリをしているけど実質拙者一人で支えているでござるよ、という高度なプレイに挑戦していた! 高まる変態力。キョウリュウジャーの明日はどっちだ?!(待ちなさい) にしても、…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想15

…………あれ? カンブリ魔、ドゴルドさんより強い……? まあ、ドゴルドさんの戦闘力は中身次第のようですが。 今回はとにかく、キーである変なロボットの見せ方が下手。 冒頭で突然、シーンの中に入っていたり、溜めが効いてないし、何より、全く凄そうに見えま…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想14

カオスさん、ラッキューロを働かせようとするの巻。 最近、不作法が目立つアミィに対し、結月家伝統のジェントルデー(ジェントルの称号を受け継ぐ執事が、後継者候補を徹底指導する日)を発動するジェントル。 一方、デーボス軍では、ラッキューロの想像し…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想13

今回の重要なポイント:アミィは、下僕の自由恋愛は許すタイプ。 下僕だって、人間だもの。 改めて台詞で言われると凄い、「りっぷうかんくん」。 今回良かったのは、影が薄くなりがちだったイアンが、女性問題という事で物語に絡んだ事。特に、ウッチーとコ…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想12

アミィ、ミニスカ女教師ルックでウッチーを調教授業。 ……最悪だ、ホントこの女、最悪だ! 戦隊史上最悪のピンクっぽいんですが、アミィ結月(笑) かつて戦国時代、空蝉丸の主君を殺害したデーボモンスターが登場。子供をさらう怪人を追ったキングと空蝉丸は…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想11

物凄く爽やか、かつ、部分的にOPに加わる空蝉丸。 ……来週からで良かったのでは(笑) そんな空蝉丸さん、キョウリュウジャーに厳しく当たるのがポーズである事がアミィにバレ、 土 下 座 そして、 「今日からおまえを 椅子 ウッチーと呼んであげるわ」 と…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想10

トリンさん、ぎっくり腰。 ドゴルドの必殺剣を受けたキング達は、消耗したトリンを連れて一時撤退。キングは必殺剣への対策を閃き、イアンとノッさんにプテラゴードンへの対策を託す。 一方、囚われの二人はドゴルドの秘密を知り、アミィ、秘密の足技で ソウ…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想9

見所は、 トリンさん、ハッスルしすぎて腰痛を発症。 そして、 「ドゴルド」だけに「怒ゴールド」って、カオスさんのセンスはノッさんと同レベルか! ちょっと演出のテンポが悪くてノれず。 渡辺勝也は、割と好きなんだけどなぁ。

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想8

見所は、 アミィ、脳筋組に分類される。 ノッさんがオヤジギャグ大好きなのは、亡くなった妹の夫(義弟)にウケて調子に乗った為である事が判明。 しかしノッさん! 義理の弟はオヤジギャグがツボに入ったわけではなく、義理の兄に気を遣ってくれたのだと思…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想7

小中和哉って平成入ってからの『ウルトラマン』系とか撮っていた人だったっけ……と思って確認したら、そうでした。先に正直に告白しておくと、この兄弟(兄は脚本家の小中千昭)には、あまりいいイメージがありません。主に兄の脚本が肌に合わないというのが…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想6

アミィ、幽霊からデーボモンスターまで、無差別狙撃。 おのれ魔女め。 ソウジくん、逃 げ て とかくキングが気が利きすぎるのが少々気になっていたのですが、6話にして初めて、キング以外のキャラが物語の主導権を握ったのは良かったと思います。 難を言え…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想5

「おっさん」「おっさん」は酷いなぁと思ったら、実は「ノッさん」である、というのを教えていただいたのですが、作っている方でもわかりにくい、という話が出たのか、今回冒頭ではかなり発音に気をつけて「ノッさん」というシーンがありました。 そうしたら…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』第4話感想

ブラックはもはや、本命の男がいつもノンケな心の隙間を女遊びで埋めている二丁拳銃にしか見えない(待て) どう見てもあの流れは、「キングに惚れた」しか考えられないじゃないですか(だから待て) ピンクは悪女だし、ブラックは二刀流だし、何とただれた…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』3話感想

グリーンは無愛想という割にピンクが名前を知っていたという事は、“ウェイトレスに名前を聞かれてつい教えてしまった”という事で………… むっつり? いやまぁ、お年頃だから仕方ない。 女子大生のお姉さんの太腿に負けるのは、むしろ男子高校生として健全と言え…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想2

前回を受けて、正体を隠したい青の事情。 ……ふむなるほど、青は家庭があるので、堂々と仮面のヒーローなんて社会不適格者を名乗れないのですネ。 キングの自由さに反発を覚える青、しかし「家族は弱点」と言う青に、そうじゃない、と告げる赤……というのは良…

『獣電戦隊キョウリュウジャー』1話感想

自分で「賢神」と名乗ってしまう、トリンさんの胡散臭さがたまらない。 そんなトリンさんが二枚目に見えてしまう、声の力、恐るべし。 立ち上がりとしては、良くも悪くもなく。 戦隊は1話はインパクト勝負、2話以降でどうベースを組み立てて話を転がせるよ…