はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

心に剣

◆TAPさん
 >ブレイドギャレンの対決が「世界の滅びに関わるヒロインの処遇を巡って対立する主人公とその相棒」みたいに見えるんですけどw
あながち間違っていないような気もしないでもなく(笑) まあその場合、ヒロインが誰よりも喧嘩好きですが。
 >そしてこの時の剣崎は先程一念発起したばかりでテンションMAX、そりゃ無敵です。
設定を踏まえつつ、戦う意味を見つめ直した剣崎をしっかり成長させた上で、劇的な盛り上がりに強敵の打破を重ねる、と実に見事な展開でした。剣崎がちゃんと、ヒーローとして脱皮しているのが、いいですね。
 >重量感とか重厚さを強調したデザインなのも平成ライダー的には結構珍しい気がしますし。
ジャックが翼ついてスピード感重視だったのに対し、キングはフルアーマーみたいな感じが別ラインの格好良さを出していていいですねー。活躍が楽しみです。
 >この台詞、ジャックフォームの時の「俺の体を動かすのは〜」と違って、椿さんもかなり気合い入っているように聞こえるんですよね。
 >何か「剣崎一真という人間がいたらこういうこと言いそう」って思えるというか。
26話がちょっとアレだったのを立て直す意識のあった展開と台詞だったとは思うのですが、役者さんがそこを汲み取って乗ってくれた感じもあって、凄くいいシーンでしたね。仮面ライダーである事、にこだわる剣崎らしい格好良さも出ていますし。