はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『ペルソナQ』でわかった事

順平より、クマの方が鬱陶しい。
まあ、クマ自体は、『ペルソナ4』が生んだ傑作キャラではあるのですけど。というか、クマ、明らかに台詞が多い気がする。
現在、プレイ時間約30時間、主人公LV32で、二つ目のダンジョンの終盤。……まあ既にF.O.Eと正面衝突して勝てる戦力なので、早くボスまで行けば状態なのですが、アイテムとかサブペルソナの所持数に限界があるのでしばしば引き返さなければならず、割り切ってのんびり進めています。
パーティは現在、〔P4主人公・真田・コロマル/雪子・美鶴〕(前衛/後衛)で、基本固定。
SP多めで魔力高め傾向の、打撃力よりもバランス重視。最初コロマルの所に陽介だったのですが、陽介よりコロマルの方が力が強かったので、犬に交代。コロマルの所にP3主人公入れた方がよりバランス型になるのですが、P3主人公は2周目やる事があれば必然的に固定になるので、今回は外しました。……2周目やるかはともかく。後、あまり、“喋るようになってからのP3主人公”が得意ではない(^^; 犬と陽介だったら……まあ、どちらでも良かった(笑) オリキャラは悪くないのですが、サブペルソナを育てられない(故に自己再生で進めない)のが難点で、2軍落ち。
本家も含めて、最近のシリーズ作品は属性魔法攻撃が重視される傾向にありましたが、今作はシステム上、“HPの方が豊富かつ割と回復しやすい”上に、物理+属性攻撃のスキルが豊富なので、物理系スキル主体の方が継戦能力が高いという印象。某支援スキルの有り無しで探索の難易度がガラッと変わるのですが、スキル入手後は割とごり押しで行けます(今の所)。逆に、魔法系スキルの燃費の悪さが目立つのですが、ゲーム進めるとまた変わってくるのかも。
今作の特徴としては、従来シリーズのように“敵に合わせて戦闘中にペルソナを付け替えて戦う”事が出来ないので、色々なペルソナを持つというより、その時々の精鋭ペルソナを5つ揃えてパーティメンバーでバランスを取る、というサブペルソナの運用法の違いが、面白いところ。
スキルカードの存在も含め、ゲームを進めて行くとまた感触が変わってくるかもしれませんが、その辺りの変化も噛み合っており、楽しく進めております。
……それにしても、キャラが多い。