はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

殿の5%ぐらいは優しさで出来ている

◆哲斗さん
 >直前の第五幕がまさに「嘘をつく丈瑠」というエピソードなので、伏線じゃなくても多少は納得がいくというか、
 >もし後々伏線を回収できなかったとしても問題ないつくりになっているんですよね。
丈瑠自体がキャラを作っている節があるので、5話も踏まえた上で、軽い意味で受け止められなくもない、という所を突いてますよね。流ノ介と茉子の痛い所にややコメディ入っているのもクッションとして機能させていたり。
 >大筒モードへのディスク装填の際をはじめ戦闘中には「力を貸せ!」とか躊躇なく言えていて、個人的にはすごく微笑ましい気持ちになります。
殿、目的が明確だと素直に協調できる子(笑) 個人的には6話の、自分と重ねられる要素があると流ノ介にも優しく出来るのがツボに(笑)
◆divoさん
 >ジバンが墜落後、特に間を置かずに出てくるのもすごいですよね。
洋子先輩が泣く暇もないという……後が詰まっているならまだわかりますが、全然尺に余裕ありましたしねー(^^;
 >デメリットしか発生しませんでしたね。
最後の最後で盛り上げの為に突っ込んだネタぐらい責任持って活用してほしいですよね(笑)
あと個人的には直人とまゆみの関係は、肉親でも無ければ恋愛関係でも無い所がむしろポイントだと思っていただけに、重ねて残念。
◆ジャンさん
 >この最終回を見たときは三大メカの扱いが酷いと思った
玩具の関係もあってか前半はかなり押していたし、終盤までそこそこ活躍していただけに、最後ちょっと雑で酷かったですね(^^;
 >あとジバンは調節が不完全でいつ停止するか分からないという設定だから、世直しの旅といっていづれ機能停止する
その設定、使うのかなーと思っていたのですけど、きっぱり使いませんでしたね(笑)
誰も言及しなかったので、無かった事にされた疑惑さえ。