はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

池波流ノ介 45.3倍

◆マジマジさん
 >地味な伏線としては「先代シンケンレッド」は目立った外傷の無いままに封印の技を使って力尽きたにも関わらず、
 >なぜか「丈瑠の父」とされる人物は屋敷で矢に刺されて死んでいる…。というのがありますね。
封印の文字の話が出た辺りで、真相に繋がる矛盾が映像で提示されていたのですねぇ。なんだか微妙に時制が噛み合ってない……? みたいなのは、引っかかってはいたのですが(^^;
 >1話で流ノ介が籠に乗った茉子を見た際に「まさか殿が女性とは…。」と誤認するシーンがありました。
基本ギャグっぽいですけど、仕込みとしても成立してますよねあのシーン(笑)
◆橘まことさん
 >先代殿とドウコクが相討ちになったのち、残党と戦っているうちに致命傷を負ったということなんでしょうね。
特に死ぬ予定は無かったけど、丈瑠達を守っている内に……て感じなんですかね。どうもあれ、上から「おまえはここで死んでおけ」って命令あったように見えてしまって(^^;
 >この頃の殿は、ほかのメンバーと一緒の収録がほとんどなく「ビックリするほど何もない」を実感していたとか。
あ、そういえば、絡みの芝居が全然無いんですね(笑) 1人だけ山の中だし。
 >タイミング悪くGYAOのCMに殿が出てきて「殿、再就職できているじゃない」となってしまうのはどうにかならなかったものでしょうか(笑
私が見たCMだと、独りぼっちで指人形に話しかけていて、恐ろしいシンクロを(笑)
◆ジャンさん
 >シンケンジャーVSゴーオンジャーではモヂカラで車も出してたことからあの馬もモヂカラで出したものではと言われいる
1話で出してましたものね、馬。にしても、車も出せるんですか……(^^;
Beniさん
 >と、いうわけで流ノ介の配当を!(笑
急上昇しました(笑) 千明が結局盛り上がってこないので、ハンターチャンスです(待て)
 >ことはの「殿様殿様言うたびに辛かったのかな」という言葉が、もっと「殿!殿!」と言ってた流ノ介の心を無自覚にえぐっているんですよね。
ことはの心情としてもわかりつつ、相変わらず天然の打撃力が高くて、ことは、恐ろしい子
◆kanataさん
 >源太からすれば、姫に協力している侍たちの姿をいきなり突きつけられた形なわけで……。
源太は4人の葛藤を知らないし、4人は源太の見た魚の死んだような目になった丈瑠を知らないし、とすれ違いがえぐいですよねぇ(^^;
 >ええとこれ、源太が今までずっと志葉家の外で生活してたこと自体、ここへ持ってくるための仕込みだったわけですね。
正直源太、作り手もかなり四苦八苦して使っている印象だったのですが、ここに来て、その存在意味が凄く出てきましたね。まさに侍ではない源太の視点が、3人が丈瑠の元へ走る後押しになったり。
 >つまり、影武者の方も二代目へ継ぐ予定だったんですよね? その人、最初から「殿(姫)」って呼ばれるんですよね……?
 >影が真の本家へ素直に立場を返してくれるの、何代目までの話でしょうね……。
如何に影武者の命に価値が無いか、真の主君の為に生きて死ぬ為の存在であるのか……というのを幼少の頃からねっとりじっくり調教するのでしょうね……(がたがた)。
 >そもそも出て行く理由なかったように思うのですが。
丈瑠の感情としてはわかるのですが、誰かあの場ですぐ、止めるべきだったんですよね(笑)
 >『ダブルクロス』的解釈には、なんだか深く納得しました(笑)
つい書いてしまったのですが、伝わる方が居て良かったです(笑)
 >付け加えるなら前作で意図が途中からねじれ有耶無耶になった、ノブレス・オブレージュの拾い直しの意味も暗にはあったかなと。
あ、成る程、侍の使命というのは、貴き責務、と見るのはすっきり繋がりますねー。
◆KGさん
 >はじめまして、いつも感想楽しく読ませていただいております。
初めまして、ありがとうございます。
 >パワーレンジャースーパーサムライでは、このシーン、モヂカラにあたるシンボルパワーで作り出しておりました。
おお、そちらではハッキリ演出が入ったのですね……というか、パワーレンジャーでも馬上で戦ったという事実にビックリです(笑)