はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

江戸前ゴールド

◆橘まことさん
 >メインキャラ全員がストーリーの都合上の死にキャラとなっておらず
ここが凄く良かったですねー。どうしても「誰でもいい台詞」をあてられてしまうキャラが出てしまいがちですけど、全キャラに全キャラの役割があって、姫方面も含めてシンケンジャーが一つになるという。
 >4人が丈瑠と取り戻す裏で、姫と源太が新たな関係を構築するというのも、個人的にツボでした。
あそこで「侍」ではない源太だから、姫にとっても本当の「仲間」になれる、というのはお見事でした。正直、源太どうなのか……というのはだいぶ引きずっていたのですが、最後の最後で素晴らしい存在感。
 >テレビ放送時は「CMのあと、いっしょに歌を唄おう!」というテロップが表示されて緊張感をいっきにかき消してくれた思い出が(笑
……ま、まあ、一時期の、ED後にオチがあるという謎のパート分けよりは……(笑)
◆kanataさん
 >いつもの名乗り文句の応用でもあるあたり洒落ている。(「同じくブルー! 池波流ノ介!」)
あ、成る程。それは気付きませんでした。そうかそうか、「同じく」を掛けてるんですね。
 >……十蔵さん可哀相に。
まあ十臓はあれで良かったと思うんです(笑) 変に最後にブレなくて。
 >太夫一人の犠牲で三途の川が溢れ出すのはちょっとずるい気もしましたが、そういえばアクマロが伏線を仕込んでいたのでした。
アクマロの空振りかと思わせて……というのは巧かったですね。踏み台感の強かったアクマロの存在も活きましたし。
 >……それでも殿姫レッドの揃い踏みは見たかった。
盛り上がり的には、これが無かったのはちょっと惜しかったですねー。丈瑠は丈瑠で、「つーか俺、姫の前にどんな顔で出ればいいんだ……」的なものもあったのでしょうが(笑)
◆yukiyamamaさん
 >最初から全部見ていたらもっと感動も違ったのかもしれませんが、リュウヤの目的のために、この物語がはじまったってのは衝撃的です。
細かい伏線を丹念に引いていって、大きくひっくり返すのだけど、その上で散りばめた色々な要素が繋がっていたのがわかる、という小林靖子のいい所が凄く出た作品でしたねー。
 >ドモンが子供を…っては最終回で一番衝撃的でした(笑。
ああそれ、有りなんだ……という(笑) ホナミが途中、ちょっと困った人になってしまっていたので、最終的に格好いい女にするフォロー的な意図はあったのかもですが。
 >アヤセの病の治療法は…きっと浅見グループが開発していく…とか?
タツヤが頑張りそうですよね。その辺りの広がりがあるのも、いいお話でした。