はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

時の運行

◆マジマジさん
 >さて、このキバは忘れ去られていったアイテムが多い作品です。
バイク装甲や小型ドラゴンはともかく、イクサショベルなんかは結構好きだったんですけどねー(^^;
 >「本来の歴史では、音也が過去キングを倒すためにこの自爆技・ウェイクアップ3を使ったのではないか?」という説です
おおなるほど、丁寧にありがとうございます。
名護さんの「キバは人類を滅ぼしかけた」(断定)→「という話を聞いていた」(いつの間にか伝聞)になっていた謎発言をピースとして収めつつ設定上の技などを考え合わせると、そういう絵図が見えてくる、と。
音也が自爆技を使ったというのは、話の流れとしても、過去キングの強さを考えても、しっくり来る所でありますね。
ファンガイアと青空の会の戦いも、22年間(以上)続いていたという風に見えない所が多々有りましたが、自爆技の損害によってそれどころではない時期があったと考えると、なんとなく納得。
 >「真夜は音也の死よりずっと前に妊娠しており、後に妊娠したゆりより後に出産した」と考えるのが自然かもしれません。
 >そうなると過去キングが一層不憫になりますが…。
バイオリン作っている時、怪しかったですしね……! まあよく考えると、見た目で騙されそうになりますが、ファンガイアの生殖が人間と同じ形式とも限らないですものねぇ。
 >やっぱ名護さんは最高です!
最高です!
最終的に、あんなに格好良くなるとは(笑)
◆哲斗さん
 >クロックアップは予算的にも制作期間的にも厳しいものがあったのか、作品後半ではほとんど使われなくなったという過去がありますね。
あー、あれはやっぱり、予算とか厳しかったのですか(^^; 前半、各監督がそれぞれ趣向を凝らして演出していたのは面白かったのですが。
 >もしかすると冒頭の世界からそのまま半年経過したわけではないのかもしれません。
予告は見ていなかったのですが、それだと確かに、世界そのものに仕掛けがある可能性もありそうですね。
話転がす分には都市伝説レベルの扱いの方がやりやすいでしょうが、どんよりアプリの普及や冒頭のハッタリと噛み合わなくなっている所は見ていて落ち着かないので、早い内に解消して欲しいです。
◆橘まことさん
 >全体的に「これまでのライダーとは違うことをやる」という制作側の意図がストレートに伝わる作りでしたね、悪い意味で
ちょっと煽りすぎて空回り気味な感じもありましたね(^^; 早めにぴたっとはまればいいのですが、落ち着かないと面倒くさそうな。
 >Wがジョジョ4部だとすれば今回は重加速がゴールド・エクスペリエンスっぽいあたり5部のイメージでしょうか(笑
重加速状態を利用して認識的に時間を吹っ飛ばす敵幹部とかは出てきそうです(笑)
 >普通に「意識はあるけれど身体は動かない」のほうがわかりやすかった気がします。
カブトの時は本人主観だったのでシンプルだったのでしょうが、範囲指定になってしまった為に、主観と客観が映像と脚本で入り交じってしまって落ち着かないんですよねー(^^;
 >必要性はともかく、鶴太郎さんの演技は流石でしたね。できれば車掌と交換を……(笑
2クール越えても全く馴染んでこないとは、さすがに思いませんでしたね……(笑)