はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

今週から時レン再配信

◆kanataさん
 >ドラマとしての完成度もさることながら、これ……ええとレコード塗り替えたんじゃないでしょうか。メンバー平均年齢の(笑)
問題は、ザラムが幾つなのか、という所ですね……(笑) シャドー怪人だけに実は生まれて5年とかだったりするのか、逆に200年ぐらい生きていたりするのか。
 >いや平均どころか、下手すると揃って最年少の可能性すら……これまでの最年少は、多分、牙レンジャーのコウですよね?
コウが9→10歳なので、多分、最年少かと思われます。あと『オーレンジャー』のキングレンジャー・リキも外見子供ですが、超古代人なので、1億9歳みたいな感じ(笑) トッキュウは10歳前後という感じですよねぇ。回想シーンで使っていた漢字を精査すればある程度絞れそうな気もしますが、ライトが、習った漢字を覚えていない可能性もありそう……。
 >ターミナルでの車掌との会話、絶対に言うと思った、いつもの「死に場所」云々を口にしなくて本当に驚きました。 
あそこの明はホント格好良かったですね。追加戦士もきちんと話の中に収めたのが、ホント素晴らしい。
 >まだ思い出していない、大事なことが残ってるんでしょうねえ……皇帝が忘れられたままの六人目じゃないかというのは、いかにも。
脚本家が脚本家だけに、思いだした事を強調されればされるほど、怪しい(笑)
 >以前も自分には父の記憶がない、ウルザードだけが思い出なんてあんまりだって言っていましたし。なかなか上手い拾い方です。
戦士としてだけではなく、ここで初めて、魁が父と正面から向き合う、という流れは良かったですね。それだけに、フェイタルブレードの唐突ぶりが勿体なかったですが(^^; 後半にブレイジェル時代の活躍を突っ込む所が作れれば良かったんですが……。
 >思えばもっとも家族の絆を体現してたの、実は彼だったかもしれません。五人の中で一番の寂しんぼですしね!
確かに(笑) 末弟とか長女とか、甘やかされ組は、案外薄いですしね(^^;
◆タイキさん
 >他に敵との和解で最終回を終えた戦隊はこれの他に「激走戦隊カーレンジャー」位しか思いつきません。
やはりそれぐらいですかねー。大胆に挑戦した、というよりはなし崩しに見えるのが今作らしくて困った所ですが(^^;
 >味方にするにももう少しそうするに値する説得力がないと微妙です。
一応、スフィンクスの変心を描いてはいるものの、スフィンクス自体の発言と転機がよくわからない為、説得力が無いという(笑) バンキュリア(ナイとメア)に至っては、最後に芳香と抱き合って誤魔化していましたけど、特に何にもイベント無かったですしね(^^; 冥府神の登場後、賑やかしに徹しすぎて今更殺しにくくなってしまったというのはわかるんですが。
◆マジマジさん
 >多人数戦隊は大抵ラスボスに「巨大戦」や「初期メンバーorレッドオンリーの人間大戦」でトドメをさすので、
 >マジレン最終話はありそうで珍しい例だと言えるでしょう。
そういえば、ロボットをすっぱりと切り捨てたのは、かなり大胆でしたね。その上で、ちゃんと今作らしいやりきった感でありました。
 >「麗がマジトピアの人にいじめられている」とか不用意な事を言うんじゃない。
小姑リン、がはまりすぎて笑えません……。
 >あと三男・魅の成長した姿はゴーカイジャーの2話・3話でご確認を。
そういえば、『ゴーカイ』は評判聞いて途中から見たので、最初の方を見ていないのでした……ううむ、今見るとより面白そうだなぁ、悩ましい。山崎さんは、凄くいい台詞を貰っていましたね。あれは素晴らしかった。
 >…また次男・翼は2012年に(ボソボソ)
『ゴーバス』は前半でリタイアしたものの、一応デッキの中には残してあるので、いい機会だから見ようか考え中であります。