はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

爆走!視聴率

◆wayさん
 >ちなみに、この回は歴代スーパー戦隊シリーズ最低視聴率記録(2017年現在)で、暴走戦隊大勝利だったそうです(笑)
そんなメタな時空でまで見事なオチが……!(笑)
 >第3話で市太郎と社長一家にサインを求められていたので、していたんでしょうね……(笑)
そういえば、ありましたね……してたんですね(笑) 随所で、人気を気にしてますしね……。
 >スーパー戦隊に対する皮肉・批判として定番ですが、後に本作は斜め上の回答を繰り出しますので、お楽しみに。
おおー、一発ネタかと思いきや、そんな所まで踏み込んでくるのですね。楽しみにしたいと思います。
◆タイキさん
 >とうとう来た、戦隊シリーズ歴代最低視聴率1.4%を記録したこの回w
視聴率に関してはこの回に責任があるわけではないのでしょうが、また実に絶妙なタイミングですね(^^;
 >これ何が凄いって作曲した人も歌い手もめっちゃ真剣に主題歌と同じように歌ってる所ですよね。よく当時これ笑わなかったなと思います。
今回の白眉で、この歌のクオリティがエピソードのクオリティを上げたと思います。
 >因みに荒川さんはこれと全く同じことを「カクレンジャー」の「おしおき三姉妹」(これが「シュシュトリアン」のパロディ)
 >にてやっておりますので、未見であれば是非ご覧下さい。色々比較出来て面白いですよ。
鶴姫繋がりで3姉妹が、という事だけは知っていたのですが(話は未見)、それも荒川さんの仕業だったんですね……(^^;
 >「シンケンジャー」の第一話冒頭でわざわざ名乗り口上をあげようとする爺を「長い」とぶった切る殿の描写ってここが元ネタだったんでしょうか。
さすがにその辺りは、ある種の定番ネタかなーとも。
 >「カーレン」を知らない人はこれが浦沢先生の書いたネタだと思う率高かったそうです。
変な話、浦沢先生がこれやったらもっと酷い事になりそうな……(笑) そもそも「戦う」という段階から否定されそう(^^;
 >実は荒川さんが初めて戦隊シリーズで一から作ったキャラがこういう造形というのが凄いですよね。
えみポンとかの造形に繋がるというのは成る程です。荒川さんは上原正三のファンらしいですが、良くも悪くもそういうファン気質みたいなものがあるんですかねー。
◆輝剣さん
 >この回はパロディへの耐性というか二次創作ではなく本家がやっちゃったことへの感想で好き嫌いが別れる気がします。
 >私は気合いが入ったパロディだなと好感を抱いたんですが、すっごく反発していた人もいました。
あー、今見るとそれほど気にならなかったのですが、当時としてはかなり過激だったんですかね(^^; パロディするだけではなく、カーレンジャーの戦いをあくまで真剣に描く辺りなどは、よくまとまってますよね。演出・役者さんもその辺り掴めてきているのか、変なおふざけも入ってないですし。
 >東映特撮FCの無料動画「究極東映特撮伝説」の第1回でもそれら込みで取りあげられたほどネタに困らない回でした。
 >(なお、第2回がシャンゼリオン。)
なんですかその、修羅道を走るコンテンツ(笑)