はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

名護啓介フォージャスティス!

◆TAPさん
 >今回のドーパントはかなり「ジョジョの奇妙な冒険」のギアッチョの要素が入ってますよね。
滑って逃げ出した時は、思い浮かびました(笑) 実写としてはかなり面白く見せてくれたかな、と。
 >ヒートメモリの力すら上回る凍結パワーを見せてくれるあたりも、"氷に関しては弱点がない"とまで言われたホワイト・アルバムを彷彿とさせますし。
かなり強いドーパントだっただけに、中身がアレな事だけが残念(笑)
 >753「私の口調の真似はやめなさい!」
正義無き世に正義を貫こうとする、名護さんは間違いなくジャンパーソンの後継者の1人だと思います(笑)
◆哲斗さん
 >今回のアイスエイジ&次回のトリケラトプスは、偶然か意図してのものか、1・2話のマグマ&ティーレックスと対になるモチーフが採用されています。
あ、なるほど。Tはサブタイトルも合わせて、まさかの脱獄? と一瞬思ったのですが、マグマとアイスも対になっているのですね。デザイナーのコメントも含めると、作品として第2部スタートみたいな意識はあったのかもですね。
 >とりわけ平成仮面ライダーがそういうつくりになってしまったのは、よくも悪くも井上敏樹の存在が大きかったのかな、と。
80年代に曽田博久を大酷使した反省がしばらくあった感じなのですが、結局、00年代に井上敏樹を使い潰してしまいましたよね……『ブレイド』『響鬼』で脚本家の拡大に失敗したのも大きかったのでしょうが(^^;
 >三条陸もこの『W』を終えた後、『仮面ライダーフォーゼ』『キョウリュウジャー』『仮面ライダードライブ』と、ほぼ1年おきに駆り出されることに……。
すっかりお馴染みになりましたねー。三条脚本の成功がなければ、『フォーゼ』『鎧武』の方向性も無かったかもしれないと思うと、平成ライダー中興の脚本家になりそうな。
Beniさん
 >ゴーカイジャーを見直すならシンケンジャーも見終わってからの方がよろしいかと思います。
そうか、シンケンも絡みますものね。ありがとうございます。