はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

突然の浮気

そろそろ『エンドオブエタニティ』が終わりそうなので、次は何をやろうかなーと物色していたら、以前から微妙に気になっていた『ジルオールインフィニット』(PS2)が物凄く安く売っていたのでつい買ってしまい、つい始めてしまう。
完全フリーシナリオを銘打ったRPGで、凄く大雑把に言うと、SFCの『ソードワールドRPG』(同名のTRPGルールをコンピュータゲーム化したもの)を豪華にしたようなゲーム。
主人公キャラメイク時の選択でスタート地点と導入のイベントが変わり、その後は各地のギルドで依頼をこなしていく内にあちこちの街などでイベントに出くわしたり出くわさなかったり、選択肢によって出会った人物を仲間に出来たり出来なかったりしつつ、やがて大きな物語が動きだす…………の? 今のところ、小さなお使いを繰り返しているだけで、一向にそういう気配がありませんが、大して強くないので急に激動の時代が来てもそれはそれで困る。
基本的に地味で非常に淡々と進んでいき、イベントの演出も凄く言葉足らずなので、プレイヤーの妄想力が試されるゲーム。雰囲気は割と好きなんですが、突発的にイベントに巻き込まれて突発的に戦闘が始まり、構築してきたフラグによって(?)は消化不良のままイベント終了してしまったり、色々と危険。
仲間キャラクターも色々居るようなのですが、私のプレイの仕方が悪いのか、序盤はそういうものなのか、意外と選択肢が狭く、序盤延々と、戦士(主人公)・魔術師・魔術師・盗賊、というパーティで冒険する羽目になり、色々と危険。
便宜的に戦士、魔術師、盗賊と書きましたが、特に職業は設定されておらず、クエストを達成する事で得られるソウルポイントを割り振る事により、様々な特性を持ったソウルを目覚めさせ、宿しているソウルによって変わるLVアップ時の能力で、個性化していく、という成長システム。初期の能力値によりある程度の適性はありますが、恐らく、ムキムキのエルフとか、やたら素早いドワーフなども育てられるのかと思います。
この他に、ソウルごとにスキルが設定されており、スキルポイントを支払う事により、現在宿していないけれど目覚めてはいるソウルのスキルをいつでも使えるようにする事が可能。
これにより、攻撃魔法を使う戦士や、罠解除をする魔術師など、幅広いキャラメイクが可能。というか、あらゆる宝箱に罠がかかっているので、とにかく誰か1人でも罠解除スキルを持たせておかないと、宝箱が一つも開けられません(笑)
我がパーティではスピード系戦士として育成している為、主人公が盗賊を兼任しています。
街の構造がやたらに不親切だったり、戦闘中のアニメーションカットが変な仕様だったり(アニメーション中に○ボタンを押すとカットできる→○ボタン押しっぱなしではカットされない→結局、連打)、細かい不満点は大量にあるのですが、なんとなく楽しんでやっています。
エンドオブエタニティ』の方は、現在チャプター14。
最近のお気に入りアクションは、リーンベルのマシンガン二刀流による、スクリュー撃ち。今までで一番強そう。今作の空中射撃は基本的に重力の軛を突破した頭おかしい動きなのですが、一応、腰をひねったり腕を振ったりして反動つけるポーズだけ取っていたりするのが、無駄な努力で好きです(笑)