はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

「おまえにも奇跡が起こるといいな!」

プロジェクトクロスゾーン2』進行中。
エンドオブエタニティ』組は前作の必殺技も格好良かったですが、今回の「脳幹に二発」も原典再現度高くて予想外の格好良さ。
パースがつくのが、凄くいい。
ゼファー&ヴァシュロンでコンビ組むのってどうなんだ、とか思っていてごめんなさい。
一方その頃、リーンベルはダンテとバージルから、瞬間移動を薦められていた。
ペアユニット×ソロユニットの掛け合いは、突然クリティカルヒットが来るので油断大敵。
そういえばフィオルンとKOS-MOSの掛け合いは正確には

「お兄ちゃんなら短パン一丁で楽勝なのに」
「穏やかではありませんね」

でした。
しかも、偶然の惨事(個々の台詞がたまたま変な形で噛み合う)ではなく、ペアユニット固定掛け合いで、ますます穏やかじゃないよお兄ちゃん!
果たして、半裸で巨大メカを撃破すると噂のフィオルン兄は何者なのか。格闘家(仁、一八)なのか、ヤクザ(真島)なのか、ダークストーカー(モリガン)なのか、ゴッドイーター(アリサ、ナナ)なのか。……割と、半裸には優しい世界。
クリアするまで敢えて元ゲー(『ゼノブレイド』)は調べない方向で行こうと思います。
掛け合い以外でバトル時に特に好きな台詞は今のところ、
秀真「……いつか、俺達もそこへ行く」
クリス「敵が生き返る可能性も考えないとな」(うろ覚え)
ゾンビばかり相手にしていると、心が濁っていきます。
そんなゾンビからも、特殊武器が手に入ると便利なのに、とコメントするエックスは、若干サイコ気味で心配。
新規参戦キャラは、心のムジュンを物理で破壊していくナルホドくん&マヨイちゃん始め、使い勝手良く調整されている感じですが、アティ先生の全体回復スキルが超便利で外せません。あと、原典でどういうキャラかよく知らないのですが、見た目と戦闘時の台詞からはバトルジャンキーにしか見えない真島組長が、割と要点を突いた質問で話を建設的に進めてくれる要員で、さすが組織で上に立っている人は違う。某財閥総帥とか、もっと社交性を持つべき。
あと、アクセルがえらく強い気がする。
そんなこんなで、かなり楽しく進めております。