はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

鳥人戦隊!

◆タイキさん
 >穿った見方をするとこの凱とグレイの一騎打ちも自分が大事にしてきたものだから他の奴らに割って入られたくないというプライドもあるのかなと。
ああ、確かに(笑) グレイと決着をつけるなら俺が、という凱のこだわりもこだわりで、影響してそうですね。
 >変身前のキャラクターを変身後に維持させる意味でも非常に秀逸な演出ですよね。
メット割れのはしりってどれなんですかねー。『フラッシュマン』の「シャットゴーグル!」(中の顔を見せてから、ゴーグルを閉じる)は、当時かなり新しい演出だったそうですが。
 >変身前のキャラクターを変身後に維持させることも重要視しており、一体感の強化にも繋がってますね。
変身前後のキャラクターの繋げと、後たまにやりすぎて無駄に苦戦しているので良くも悪くもという所はありますが、『ジェットマン』は凄く、変身しないで戦わせる芝居にこだわってますよねー。
 >つまり竜を通じてやったことは70・80年代のヒーロー像を崩してそこから立て直すことで改めてこれからに求められるヒーロー像の在り方を問うものかなと。
そこで、70〜80年代ヒーローを否定する勢いになりそうな所を、そこはそこで立てた上で、新しいヒーロー像を描く/目指す、というのがいい所ですよね。
 >ただ、多分リエを失った悲しみはまだこの時点では癒えてないだろうなあとは思います。
エピローグまで少し間が空いているのは、そこを汲んだというのがあるのでしょうね。その辺りもやはり丁寧だな、と。
 >いずれも段階は違えど5人の足並みがきっちり揃った時のみ…名乗りを「団結の象徴」としてきっちり使ってるのも凄いですよね。
あまりやらないなーとは思っていたのですが、完全は3回だけでしたか。そこも完全に狙って作っていたのですね。