はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

君が来る稲妻の中を

◆wayさん
 >前回、プリキュア同士で遊びに行った中で一人すっとばされたのに今回も完全無視はさすがにまずいから、強制で仕方なかったんだよ!
まあ、そんな気はしたのですが……(笑) 急に作品におけるメガネ圧が強まっているのは、上層部(謎)の圧力か何かなのか、気になる所です。
 >みなみ様の母はまったく触れられてない&家族エピソードが残念だったことも含め、ちょっと聞いてみたい(笑)
恐らく展開の都合で使える隠し球扱いなのでしょうが、どんな人か、見てみたいですね。
 >前回と今回で、「各人の夢が生まれた場所に出てきた」って推測はされてますね。
あ、成る程。各プリンセスの夢の原点を嗅ぎつけてミラクルキーが潜んでいる、というのは確かに筋が通りますね……呪いのアイテムがなんだかますます怖いですが(笑)
 >前回拾わなかった要素をきちんと書いていたり(外出の許可とか、ゆい関連のこととか)することも含め、
 >前回への意趣返しのような気がしないでもないです(^^;
前回は結局、いきなりリゾート地に居る理由への言及すらありませんでしたからね……(笑) 香村さんが実質セカンドみたいな感じなので、意識的に細かい要素を拾って織り込んだ、というのはありそうですね。
 >『ジバン』や『ジャンパーソン』よろしく、あまり設定が固まらないまま始まった印象をなんとなく受けるところです。
プリンセスとは、古代の超兵器だったんだ!(待て)
◆タイキさん
 >何だか狂言回しっぽくなってしまいましたね(笑)
この解釈だと、凱が徹底して中心に来ますね(笑) 一番、物語の約束事を裏切るポジションに居た凱が、ラストで最も視聴者に寄り添う位置に来るとか、とことん恐ろしい作品です(^^;
 >凱の最期で何であんなに衝撃的ながら温かい気持ちになれるのかと思って居たら最終的に凱が視聴者とほぼ同じ視点になって
 >竜たちの未来を見届けることが出来るという風に重ねられるからですね。
そうなんですよね、凱の最期って普通に考えるとかなり酷い衝撃展開なのですけど、妙に物語としての美しさが勝るのはどうしてなのかと考えた時、凱の抱く幸いの感情と、視聴者の感情が同期するからなのかな、と。
 >同時に凱のこのラストを結婚式というカタルシスの中に飲み込んで許してしまってるような気もしますね。
竜と香の結婚式、に物語としてしっかり意味を持たせつつ、結婚式の持つ大団円パワーが巧く使われてますよねー。
 >というか動きが凄くロボライダー(笑)っぽいのですが。
ロボライダー→ジバン→バイクル・ウォルター→テトラボーイ→ジャンパーソン、は、ロボ系スーツのアクションの流れで考えると面白いかもですね(笑)
◆橘まことさん
 >当時いっしょに総集編ビデオを見た友達がものすごく落ち込んだ記憶がありまして(友達としては、
 >凱のその後は曖昧なままでいてほしかったそうで…)、ネタバレしていいかどうか悩んでしまいました。
お気遣いありがとうございます。物語としては、曖昧なままが美しい、とはわかる所です。まあ現在は、『ゴーカイ』で半オフィシャルになってしまいまたしね……(^^;
 >小学校のころ、弟のクラスにまさにこの名前の外国人転校生がやってきたんですよねえ(笑
おおお、それは奇縁な。超格好いいですが、確かに、一歩間違えると遂いじってしまいそうですね(^^;
◆西家さん
 >その反動か、『ジャンパーソン』は強くて頼もしい正統派ヒーローに見えてしまい、何の疑問も抱いていませんでした(^_^;)
リアルタイムだと、やはり前作からの流れもあって、そういう感じが強かったんですねー。実際、派手な正統派ヒーロー物として、きちっとツボを抑えられている作品ですよね。JPさん、基本、格好いいですし。
 >今回『ジャンパーソン』再配信という事で、久しぶりに振り返りつつ、GMSさんが以前書かれた感想も視聴する毎にあらためて拝見させていただきます。
ありがとうございます。……まあ、私の見方がすれすぎている感も(笑)
◆さやまきさん
 >なるほどジェットマンとファイバードの最終回ですか〜
創作の世界ではしばしば「共時性」という事が言われますが、なかなか面白いですね。
 >ちゃんと終わらせることを大事にしてる作品が基本的に好きですね(最近は行ったきりが多いですけど)
“終わらせる”というのはいいですよねー。戦隊とかはなんだかんだ、基本1年ものとして片を付けてくれる所がいいな、と(最近はやっぱり、諸々ありますが(^^;)。
 >販促に物語が圧迫されてしまって良く言えばスピーディ悪く言えばバタバタ感が出てますね
その辺り、仕方ないといえば仕方ないのですが、ああ、プリキュアでもそういう事あるのか、となかなか新鮮です(^^;