はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

強く!(九衛門) 優しく!(正影) 美しく!(有明の方)

◆橘まことさん
 >最初から掘り下げる気がないというか、掘り下げないで面白い作品作りを目指している気がしています。そしてもろに失敗しているという(^ ^;
ああー、確かにその方がしっくり来ますね。ライトな面白さ、という志向なのでしょうが、肝心のキャラクターがしっかりしていないので、ネタの度に受け止めきれずに激しく揺れすぎるんですよねぇ……。
 >ネタそのものは面白そうな予感を漂わせているのがまたやっかいというか(笑
そうなんですよねー(笑) 一つ二つ歯車が噛み合えば爆発しそうな雰囲気はあるのですが、雰囲気だけでなかなか爆発してくれないという……。
◆wayさん
 >何となく設定投げていたらなし崩し的にそんな風になってしまった、って感じが強くて、
基盤がしっかりしていればそれでも面白くなったりする時はありますが、ニンニンって20話超えてなお、ニンニンのベースってどこ? というのがありますよね……家族テーマも本腰入れたいのかどうかよくわからなかったり。
 >自分としてはタカ兄就職させようぜ!ネタをやってもらいたかったので、こういう形で投げられたのも残念でした。
その辺りのリアルを、入れたいのかどうなのか、というのも中途半端なのが、不透明感を増してますよねー。極端に言うと、天晴と他のキャラのリアリティラインが違っているので、今回のように天晴のリアリティラインを霞や凪寄りにする事で一発ネタとしては面白いのだけど、作品全体としてよくわからなくなるという……。
 >このせいで本気でピンチだから強化のため復活させたというよりも、九衛門が正影への嫌がらせに復活させた感がぬぐえません(笑)
ニヤニヤしてましたしね(笑) 実際、目的のしっかりしていた正影に対して、作戦の傾向は色々ブレそうですね……。
 >三石さんが演じる妖精と正影役の中尾隆聖さんが演じる悪役
プリキュア関係者だらけですな、牙鬼軍団(笑)