はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

衝撃の真実

◆さやまきさん
 >過去ないほどおやっさんヒロイン化してますねww
二人だと、扱いの悪い人質要員に見えるのに、一人だと凄くヒロインに見える不思議(笑)
 >ノーマルストロンガーには強いが超電子には敵わないというのをただ繰り返すとデルザーは学習のないアフォになっちゃいますし(苦笑)
デルザー軍団がほぼ組織を成していない、という事で誤魔化してますが、デルザー軍団編の長所がパターン化しすぎて話運びの短所になってしまっていて、難しいですねー(^^;
 >2人以上の魔人が出てるのにやってる事が内ゲバばかりではストロンガーと戦う前にアウトですし
変化球として、継続の魔人(ブランク)を新魔人(ヘビ)と一切絡めないで展開してみたら、単にブランクが物凄く間抜けなだけになったり、苦慮が見えますね(^^;
 >生者と屍者のありようとかは若くしてお亡くなりになった作者の死生観が強く反映されてるのかな?と思いました
エピローグは特に、円城氏から伊藤氏への思い、というのが出ている感じでしたね。
 >ホームズ(やあの時代を)知らないと解らない事柄が結構出てくるのはお勉強が必要な作品なのかな?とも思いましたけども
お遊びの範疇を超えて、前提知識の重さが趣味的かも、というのは確かに感じました。ハドリーなんかも、元ネタ知っていた方が面白い、という描き方でしたしねー。
◆タイキさん
 >デルザーの問題点は結局チャージアップした瞬間に万事解決みたいなご都合展開になってしまうことですよね。
爽快感はありますが、折角のデルザー魔人の個性や属性を関係なく超電子で叩き潰してしまうのは、ちょっと勿体なかったですね。
 >ゲルショッカーの場合はパワーアップじゃなく今までの経験値とテクニックを駆使して勝つ展開が主流だったんですが
ケイトの毒で鋼鉄にダメージを与えるという『ロックマン』戦法は話運びは面白かったのですが、そういうテクニックとストロンガーのヒーロー性が巧く繋げられなかった感じですね(^^;
◆ナシナさん
 >狼長官、せっかくの策士キャラとして登場したのに、予想以上にそれが生かせなくて残念です。
頭脳派というよりも、単に直接戦闘が弱い人になってしまいましたねー(^^;
 >博士から度重なる戦いで回路がバラバラになっている、というようなことを言われていたので、
 >ついでに修復してもらったのか、通常時の能力も上がっているかもしれませんが
ああ! チャージアップする前から「パワーアップした俺にこんなガスが効くか」と言っていて疑問だったのですが、なるほど、メンテナンスを受けて基本能力も向上(回復)していると考えると、凄く納得です。
……とすると、vsブラックサタン後半にストロンガーが苦戦気味だったのは、敵怪人が強くなったのではなく、ストロンガーの整備不良だった……?(笑)
 >シャドウのふわふわした言動に対して、物申して暗躍しようとした初めてのデルザー軍団内でのツッコミ要員だったのに。
狼も狼で、シャドウを引きずり出そうとする作戦を立てる、みたいなのあれば個性が出たんですけどねー。
 >いろいろと制作サイドの都合があるのでしょうが、ちょっと貴重価値が下がったかもしれません。
1話でチャージアップ2回はやらないで欲しかったなぁ、というのが正直な所です(^^;
 >他の軍団員より地位が下の、いわゆる2軍メンバーで、言動からしてシャドウの腹心の部下という見解でよろしいのでしょうか?
「様」と言っている割には、普通に杯かわしていたり、謎ですよね……(^^;
 >ケイトが西洋魔女っぽい雰囲気なら、ヘビは都市伝説的な妖怪っぽい雰囲気です。
おどろおどろしい雰囲気は巧く出ていましたね。鎧っぽいデザインに対して行動は怪奇路線で、次回どういう動きを見せるか、期待したいです。
 >ただ大勢の子供も一緒に捕らえられているので、何だかちょっと微笑ましい引率のオッサンに見えます。
今回、写生中の子供達にやたら冷たい反応を受けるのがちょっと面白かったです(笑)
◆wander_sheepさん
 >この作品の台詞回しは、特にアムはかなり細やかな気配りが感じられ、
 >それによってキャラクターが丁寧に描写されているのがいいなと思います。
小悪魔系キャラって、相手を転がす所だけが強調されがちですが、アムの場合そこから一歩進めて、他人の心理を把握する能力が高いのが、優しさにも繋がっている、というのが良いですよねー。どちらの面を見せるかはアム次第なわけですが(笑)
 >もしくは3話でひそかにステップアップ済みだったとか?
ああ、3話ラストで、両方を取る、という所で自覚的に二つの世界のバランサーをやる、みたいな意識がアムに芽生えた、というのはあるかもですね。
 >急にテンション上がりまくりだったり、あと自己紹介に特に意味なく巨大ホログラフを使ってみたりで
結局、そういう自己PRとか雑な破壊がツボなの? というのは悪い意味で気になりますね(^^;
◆gariさん
 >ヘビ女が名前テキトーなのは、「実はシャドウの愛人だから、他の怪人と違って地位がない」と言う説があるそうです。
 >真実は不明ですが。
まさかの、愛人……!? そういえば、シャドウがそこはかとなくトカゲっぽいので、爬虫類繋がり……?