はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『仮面ライダーオーズ』感想8

◆第13話「シャム猫とストレスと天才外科医」◆ (監督:石田秀範 脚本:小林靖子
今回の三つの見所。
一つ、アンクがクスクシエに居候している最大の理由は、電気代。
二つ、ライドベンダー隊にはまだ生き残りが居た。
三つ、ゲストの病院長役が、タイタンおじさんこと浜田晃さん!
さすがに『ストロンガー』から35年ほど経っているのと、ふくよかになった為にほぼ面影も残ってませんでしたが。
ウェスタンフェアで盛り上がりまくるマスター知世子に、次のフェアで故郷を題材にする、と問われるアンク。
「お国どこ?」
「欲望の渦って言ったらどうする?」
うん、ごめん……ちょっと痛い。
「そうだったわね……アンクちゃんは悪い大人にずっと……」
マスター知世子に弄ばれ、アンクちゃんがストレスを溜めていく一方、一皮剥けたバイクの人は格好良く射撃訓練をしていたが、里中の休暇で、会長のお世話をする事に。
ドクターと取引をして研究所に居候するコズルイエローは手術をさせてもらえずにストレスを溜める女医にメダルを投入し、新たなヤミーが誕生。一方ヤクザグリーンは、クズヤミーを作り出してオーズ達を撹乱しつつ、何やら思案をしていた。
「俺たちの状況が変わらないのは、俺たち自身が変わらないせいだと思わないか? アンクやカザリみたいに、新しい人間の世界にもっと馴染むべきだ」
「つまり――時代遅れのグリードに先は無い」
強大な悪役が終盤に「変化しない」事を叩きつけられて「変わっていける」人間に敗北するというのは割とある気がするテーゼですが、早くも劣勢のグリード達が、自ら変化していこうとする、というのはちょっとした変化球。
女医ヤミーの天才的な手術が話題になり大混雑する病院に入り込む為、アンクを車椅子に乗せた映司と比奈は泉刑事の診察券を利用。首尾良く女医ヤミーを見つけて屋外に誘い出す映司だが、アンク&比奈は同様の手段で怪我を偽装して病院に入り込んだ後藤と遭遇し、しばし石田ギャグが展開。
止めに入った比奈の攻撃でアンクハンドがぽきゅーんと外れ、シャムネコヤミーと戦うオーズと合流。タトバからサゴーゾを発動したオーズはロケットゴリラパンチを炸裂させ、後一歩の所までヤミーを追い詰めるが、女医の体に戻ったヤミーに逃げられてしまうのであった……。
「何もかも、もううんざりなんだよ!」
相棒の「せいやーーーっ(空振り)」と積み重なるストレスに耐えかねたアンクは飛んでいってしまい、泉刑事の命が大ピンチ、でつづく。
いつもの事ながら石田監督の悪ふざけと合わないため全体的にノれず(^^;
あともう一つ、今作の小林脚本は恐らく意図的に、メインゲスト(ヤミーの親)への共感要素を薄く描いているのだと思うのですが、そこの呼吸が個人的にもう一つぴたっと来ません。その点では、11−12話の米村脚本回はその辺りをオーソドックスな形でゲスト(&後藤)に寄せる形で描いていたのが、掴みやすかったというのがあったり。
恐らく今作が、善悪を「物事の二面性」ではなく、「もっと渾然一体としたもの」として描こうとしている影響かと思うのですが、この辺りはおいおい。


◆第14話「プライドと手術と秘密」◆ (監督:石田秀範 脚本:小林靖子
ナレーション「一つ、溜まりまくるアンクと後藤のストレス」
ええっ?! 前回後藤さん、真面目に射撃訓練していたのではなく、単なるストレス解消だったの?!
アンクが外れて危篤状態になった泉刑事に対する比奈ちゃんの想いがクローズアップされるのですが、そもそも、アンクのストレスの原因の3割は比奈ちゃんの折檻だし、前回アンクがすぽんと外れた直接の要因も比奈ちゃんだし、そこを顧みずに兄を心配する比奈の姿をどうも素直に見られません(^^; 結局元の鞘に戻ったアンクに「こいつ死なせたくなかったら、もうその馬鹿力、使うな!」という台詞があるのですが、実際、比奈ちゃんはその点をもう一度よく見つめ直した方がいいと思います(でも比奈ちゃんは美人度高いから大抵の事は許す)。
なお家出中のアンクに「都合良く死にかけの人間が落ちてるわけもないか」という台詞があり、生命力の弱った人間しか肉体の主導権を奪えない模様(明言したのは初のような)。
女医さんとタイタン院長が親子関係であり、「天才外科医と持て囃されて技術だけの医者になってしまうのではなく、命を預かる恐れを知って欲しかったから手術をやらせなかった」という着地は、前回からストレートに。それが悪いわけでは無いのですが、院長先生はもともと人格者ぽいし、女医の変化に映司が関わる要素がほとんどなく、医者父娘のドラマと、オーズとグリードのドタバタの接続が弱くて、あまり出来の良くないエピソード。
その他今回のポイントは、
一つ、メズール達がこっそりと大量のセルメダル集めに成功。
二つ、オーズがカザリにトラとチーターのコアメダルを奪われる。
三つ、「里中くんレベルになれば、食べろという限り食べ続ける」
次回、クジャクのコアメダルを巡って状況錯綜? そして、ドクターの手にする怪しげなベルトや図面の正体や如何に?!