はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

がんじがらめの罠を仕掛け 破滅を企むのはゴリラ

◆久仁彦さん
 >ハートリーもシスコもオタクっぽい外見なのにアメコミキャラらしく腹は六つに割れてるのだろうか。
ブ○ワーカーで自力でモテようとした時期があったんですかね……。
 >ケイトリンはケイトリンで、せっかくオシャレしてきたのにゲロ吐くシーンまで映されて気の毒です。
最近地道にヒロイン度を上げてきていたのに、あの仕打ち……!(笑)
 >コミック史を紐解くと、バリーはゴリラの友人とゴリラの宿敵を同時に作った稀有なキャラクターなので
……えー、文字列が面白すぎて、それはもう、よくわからないけど、それならOKだ! みたいな気分になりますね(笑)
 >コミックでは「人里離れたアフリカ奥地では高い知能と高潔な人格を備えたゴリラたちが住むゴリラ・シティが存在する」
ゴリラ……ゴリラが出てくるのは当然なのだ!(何かに感染した表情で) ……メタな話としては、TVシリーズでフルCG?のゴリラ出すとか、どれぐらいお金かかるのだろう、とドキドキします。
◆さやまきさん
 >わざわざ敵さんが説明台詞で教えてくれるのは親切というかなんというか(苦笑)
視聴者ターゲット的にその辺り、小出しにはするけど、ややこしくはしない方針なんですかねー。ジャグラーも2話でいきなり、わかりやすく悪役になりましたし(^^;
 >おもいきってタロウツノ付けたのはなかなか挑戦的で良かったです
ツノ付けるとどうしてもタロウになってしまいますが、割と現代的な格好良さにまとまってましたね。
 >ギンガストリウムの時はツノ付けるとギンガじゃなくなっちゃうと懸念されてツノなしになりましたから
そんな事例があったのですか。過去作だと、アイスラッガーを2枚にしたゼロは、凄いアイデアだ、と思いました(笑)
◆ナシナさん
 >ミナはちゃんと大作の力になれたと思います。
少女をちゃんと役に立てつつ、でもそこで子供を利用しないで、戦うのは俺達の仕事なんだ、というのがとても良かったですね。
 >熱血部分もバランスを崩さなければ、視聴者は感情移入できて好感度は上がるだろうし、正義の味方としては美味しいキャラだと思います。
拓也がちょっと変化つけている分、多少単細胞ですが、大作に正統派熱血ヒーロー分がいってる感じですよねー。逆にその分、狙って崩している面があるのでしょうが。
 >あと、何気に迷言メーカー。
……あ、確かに(笑)
 >傭兵軍団=帯刀コンツェルン(初期から中期)ですね。
傭兵は微妙に浮いているというか、カテゴリが急に自由形すぎるなぁと思っていたのですが、帯刀組だと考えると結構しっくり来ますね。
 >そうなると、シュヴァルツはもう少し話が進んだら、自らをビーファイター仕様に改造しないとダメですね。
やる気注入!(待て) キャスティング的には、何かしら変化つけてきそうではありますよね。
 >言葉を変えているけど、結局意味合いはパワー×パワー×パワーなんですよね。やっぱりジャマールは脳筋なんだと思います。
どうしてここまで、筋肉が溢れているのか『ビーファイター』……。
◆橘まことさん
 >バリー「貴様(リバースフラッシュ)のおかげで母は死に、父は冷凍刑! 俺は貴様を追ってこのザマだ!」あれ、思った以上に親和性が高い(笑
リバース「だから貴様は遅いのだぁ!」
FLASH「見よ、閃光は赤く燃えているぅ!!」
……思ったよりいけますね(笑)
 >同じく気になったので海外のサイトもちょこっと回ってみたのですが、これといって言及しているサイトが見当たらず、海外のクラブではよくある話なんでしょうかね。
単純に、雰囲気がそぐわないので軽く馬鹿にされている、ぐらいの感じなんですかね……まあ日本人だとそもそも、あのクラブの位置づけからわからなかったりはしますが(^^;
 >でも一番微笑ましいのは、やっぱり親子の場面という(笑
ほのぼのシーンとどん引きタイムのバランスとか、ホント上手いと思います(笑)
◆折光さん
 >内心ずっと思っていた、というよりはストーリーの中で成長してくれた方が作劇としては綺麗だったかと思うのですが。
ジェッタがいきなり爆発しすぎて、逆に感情移入しにくくなってしまいましたよね(^^; 「怪獣出現」前後の心情の変化として、もう少し視聴者とゆっくりシンクロする展開を見たかった気はします。
 >この辺りは製作者がネット上の批判を怖がりすぎて、早めに批判されそうなマイナス部分を潰そうとした感じかな?と思っております。
成る程、立ち上がりの口コミダメージの影響を気にした、というのは頷けます。アホな連中がアホやっているのって、あまりウケが良くなさそうですものね……(^^;
 >「視聴者が感じている不満点をさっさと解消してくれた」「気が利いてる」
ガイが“謎の風来坊”としてやや中途半端なのも、その辺りのストレスコントロールを意識している所があるのですかねー。
◆あきさん
 >加えて衣装が今年の宇都宮Pヒラヒラ枠なのか、薄いショールや巻きスカートが羽衣のように翻って美しいです。
ジューマン夏服は、エキゾチック感を残しつつ、重さがなくなっていい感じですね。
 >キャラ付け的にも負けず嫌い設定なのだから、もっと日常的にトレーニングシーンを入れてほしいですね。
サワオ編入ってから日常描写で遊ぶような余裕がちょっとなくなっているので、今後そういう演出ワンポイント的なものはまた欲しいですね。
 >視聴者への状況説明&確認役が多いせいか言動反応が平均的になりがちですし、なんか常にその他大勢側にいる感じがややもどかしいです。
真面目でしっかり者なのはわかるけど、尖った対応が無いので埋もれてしまう、という所がありますよねー(^^; その辺り、崩しにくさにも繋がっているのでしょうが。
 >釣竿一本でビル釣り上げる戦士を見る日が来るとも、それを大笑いして受け入れる日が来るとも予想していませんでした。楽しかったですね。
割とシリアス寄りのスタートだったのに、特に世界観が崩れたわけでなしに、ここまでトンデモが自然と入ってくるとはビックリです(笑)
 >香村さん、完全に舞台を整えた感じがします。
どんな作品でも追加戦士は毎年地雷源ですが、全体テーマとも繋げつつ綺麗に入れてきましたね。いやお見事です。