はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『FLASH』第12話感想

目で見た場所へ瞬間移動できるメタヒューマンの女が、恋人を刑務所から脱獄させる。捜査に参加したバリーは、ジョーのはからいで十数年ぶりにガラス戸越しではなく父親と体面し、息子の為に刑務所内で情報を集める父。一方、シスコはロニーの行方を知るというハートリーから情報を聞き出す為に、ハートリーをパイプラインの外へ出していた……。
見所は、シスコまさかのパワースラム。
能力抜きで戦ったら、普通にバリーより強そう(笑)
と思ったらすかさずハートリーも反撃してきて、スターラボの職員は、いざという時の機密保持の為に、体を鍛えておかなくてはならないという内規でもあるのか。
感情に流されて迂闊な行動が続くシスコですが、ハートリーを連れて警察のデータを覗きに行くのにバリーを同行させないのは、不自然という程ではありませんが、ワンアクセントは欲しかった所(弄ってるのもバリーのPCですし)。日本のドラマならほぼ確実に、連絡取ったけど駄目だった、というすれ違い演出がありそうな所なので、シーンが無いだけでそういう意図だったのかもしれませんが。
その頃バリーが、アイリスに袖にされた勢いでケイトリンを誘ってカラオケクラブで遊んでいた、という対比もそれらしい感じですし。
で、綺麗めだけど基本オタクなので遊び慣れていないケイトリンさん大暴れ。
一方バリーは、いつかアイリスとデートする時の為に毎日のイメージトレーニングを欠かさない人生だったので、服を誉めるぐらいできるよ! 高性能だ!!
そのバリーがバーテンに無視されるシーンはよくわからなかったのですが、ああいうクラブの作法をバリーがわかっていない、という描写だったのかなぁ。
翌日、まんまとハートリーに逃げられてしまった事を謝罪したシスコは、あの事故の夜、加速器の扉を閉めたのが自分である事をケイトリンに告白。ケイトリンはその懺悔を受け入れ、4人は短距離テレポーターの確保の為に心を一つに。
なおハートリーの情報によると、ロニーは体はロニーだけど中身は行方不明になっていたなんとか博士という事なのですが、火炎ロニーはケイトリンの事を知っている様子でしたし、これは部分的に嘘情報の可能性もありそうな。
視界を閉ざせば能力を発揮できないというテレポーターの弱点は掴んだものの、するりするりと短距離移動で逃げる相手に苦戦するFLASHは、最後はトンネル内の照明全てを叩き割るという力技で勝利。一貫してFLASH(バリー)の弱点が、喧嘩慣れしていないので“力の加減”がわからない事というのが今作の上手い設定ですが、その為、高速移動で背後から麻袋とか被せてしまう、という能率的な対応ができない代わりに、照明全破壊という逆方向に力を入れすぎる馬鹿馬鹿しさが秀逸。
それにしても、恋人を助けだそうと脱獄させてしまう程度に倫理観ゆるゆるではあるものの、個人では軽犯罪が関の山と言った具合の犯人が、メタヒューマンになったばかりに改悛の情を考慮される事なくパイプラインに拉致監禁されるというのは、今作の、そしてヒーローの抱える危うさを意図的に描いているようにも見えます。一応、研究→治療が目的という名目なのでしょうが、能力対策として内側マジックミラーとか、発狂待ったなしでしょうし(^^;
その辺りも含めて、例え見捨てられても恋人の為に何でもやるという犯人の動機と、バリーとケイトリンそれぞれの恋に対する未練を掛けたサブタイトル原題「crazy for you」――「あなたに首ったけ」――なのではありましょうが。
日本語版では、バリーの為にお父さんが張り切ってみるエピソードという事で「父と子」になっていますが、こちらの方も、万事に聡い父さんが、バリー=FLASHと何となく感づいた事を匂わせつつ、その力で自分を脱獄させるなんて馬鹿なことをしなかった事(ちょっと考えたけど……)を誇りに思う、と間接的に告げる事で、バリーが少し救われる、というのは毎度ながら実に手堅い作り。
一方、お互い首ったけの未練を振り払おう、とケイトリンに約束したバリーは、FLASHとしてアイリスに特ダネを与えつつ、カラオケクラブで知り合った女性とランチデート。その女性がアイリスの先輩社員だった事でアイリスと鉢合わせするのですが、なぜ、わかっていてわざわざ相手の職場で待ち合わせするのだバリー(笑)
バリーの場合、本心はともかく表向き割り切ったつもりだからこんな事も出来るんだという自分への言い聞かせのつもりなのか、ケイトリンにはああ言ったけど全然割り切れてないから他の女とデートしちゃう僕を見せつけて反応窺っちゃうよふふーん、なのか判断つかないのですが、どっちにしろ、駄目だ、バリー、色々駄目だ!!
今回ラストは、スーパーどん引きタイムに変わって、正調サスペンス演出から…………ゴ・リ・ラ?
しばらく前の回で博士が口にしていた名前のような気がしますが…………ゴリラ?
一体どうなるんだ『FLASH』。