はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

いいも悪いもリモコン次第?

◆インザファイトさん
 >エグゼイド視聴中断ですか、残念です。平成ライダー不調ですね^^;
ライダーはホント、一度遅れると環境的に色々厳しいですね……。
 >何が苦しいかと言うと、新生ビーファイターの登場が押しに押しまくってることなんですよね^^;
そうなんですよねー。拓也の前振りの後、2話ぐらい閑話休題してからマック出せば全体の緩急もついたと思うのですが、走り出したというより、急斜面を滑り落ちているみたいな感じになってしまっていて。
 >ビークラッシャーも新生ビーファイターとかち合ってそれぞれのキャラが完全に掘り下げ不足で、
ムカデみたいに、一人1回は作戦担当できれば良かったのですが、サソリに至っては単独で外出した事ないですものね……。
 >実験台として兄弟がいなくなってしまうので、夏休みを乗り切るのが難しくなりますね・・・
新たな脅威として出したばかりのビークラッシャーを、夏休みの緩い回で人魚や河童と絡めるのは難しそうですしね……(笑) そうなったらそうなったで、また別の方向性が生まれたかもですが。
 >インプットライフルの代わりにアストラルセイバーを最強武器にするなど、色々と余裕を持ったストーリー作りは出来たと思うのですが
この突然のドタバタを見ていると、玩具展開など背後の方でなんか上手く行ってなかったのかな、と思ってしまいますよね(^^; 新ファイターとクラッシャーのスーツ一気に作るだけでも色々大変そうではありますが。
 >結花が自分の欲望に忠実になろうとしているところは面白かったです。朱に交われば赤くなる、とはよく言ったものですね(笑)
考えてみると、結花が「人間として生きたい」と思って執着するキーである海堂が、欲望に忠実なタイプなので、悪い影響を受けているのが何とも皮肉というか(^^;
◆さやまきさん
 >パターン崩せば差別化出来ると勘違いしてる感が上から下まで浸透してるようで(苦笑)
素材は悪くないと思うのですけど、アイデアを生かし切れなかったり、どうも調理が雑ですよねぇ……。結局今作として何をやりたいのか不明瞭なまま急展開に突入して色々と置き去りなのは、宮下さんと扇澤さんの疲労蓄積もあったのでしょうが。
 >パターンを少し意識して調整してやるだけでも見せ方ひとつでガラッと変わったように見えて面白くもなるんですが
『BFカブト』はどうも、芯が弱いので、型が見えずに型崩れ、みたいな感じに陥ってしまってますね。
 >その直前にかなり段取り踏んでやっと出た武器をさっそく残念にしちゃったり
ライフル無効にした事で、遡って追加BFとビークラッシャーとメダルそのものがまとめて株が下がりましたからね……。
 >意思があるなら敵味方の区別くらいしてくれよとか
純然たる力だから善とか悪とか関係ないのかと思ったら、自分で「光の力が……」云々言い出すので、ただの迷惑な人みたいになっていて(笑)
 >理屈をくっつけないとダメみたいな意識があったのかなぁσ(^_^;)
その辺り、80年代的な勢いと、00年代的なリアリティのいかにも過渡期、て感じは強いですよねー。
◆紫豚伝説さん
 >花の戦士を謳いつつも個人武器は純粋に殺戮兵器なアゲハという殺伐ぶりが実にビーファイター
攪乱効果とかかと思ったら、直球でしたね……(笑)
 >突然のロボ展開には私も磁雷神連想してしまいました(笑)
いきなり世界観破壊しかねない勢いで、古代の神秘が巨大ロボ、というのはどうしても思い出しますよね(笑)