はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『動物戦隊ジュウオウジャー』感想・第23話

◆第23話「巨獣ハンター」◆ (監督:竹本昇 脚本:香村純子)
ウルトラシリーズの新作が始まったので、景気よくビルを吹っ飛ばしてみた。
……的な所が、東映にはある気がしてなりません。
チーム・アザルドのクルーザー怪人による無差別砲撃ゲームが始まるが、テンション低いジニス様は、ほぼ興味無し。
この所の様子から一体どんな方向へ爆発するのか期待と不安のあったジニス様ですが、どうやら、飽きてきていた。
……うん、これが一番、ジニス様っぽいな(笑)
ところがそんなジニス様の興味をそそる、思わぬ闖入者が宇宙から飛来する。食事の邪魔をされた腹いせにジュウオウジャーとプレイヤーをまとめて攻撃してきたのは、銀河を駆け巡り様々な巨大生物を狩ってきた風来坊。
「俺の名は、バングレイ。宇宙をバリバリ股に掛ける、巨獣ハンターだ」


ジャス○オン 巨きな悪ほど ジャス○オン 不足はないぜ
おれが おれが おれが正義だ ジャス○オン

割と大雑把そうなバングレイは、義手・義足・錨状の武器、と宇宙海賊のイメージでしょうか。
しかし、
「デスガリアン、何だそれ?」
というのは、バングレイの頭が悪いのか、デスガリアンの知名度が意外と低いのか(笑)
ジニス様、ジニス様、広告宣伝費が足りていません!
初お目見えという事で、ステージ上でのバトルは、ワイヤーアクションを織り交ぜつつ、スピーディでなかなかの迫力。個人的に、ワイヤーバリバリはあまり好きではないのですが、不意を突く感じで使ってくれると、驚きがあって素敵。
何やら他者の記憶を読んで実体化する能力?を持つバングレイが召喚した山登り怪人を倒している内にバングレイは姿を消し、途中で逃げたクルーザー怪人ともどもその行方を追うジュウオウジャー
三手に別れて探している内に、大和とアムは無差別砲撃で負傷した少年と出会い、病院へ連れて行く。
「駄目だよ。そこは秘密にしちゃいけないとこ。気持ちはわかるけど、君がちゃんと話さないと、お母さんが悲しむよ」
仕事で忙しい母親が珍しく休みを取れ、2人で花火大会に行きたいが為に怪我を隠そうとする少年をアムが説得するのですが、少年の背景の被害描写が凄すぎて、やや、花火大会どころではない雰囲気になってしまいました(^^; いや、世界観としては、多少の破壊活動があっても花火大会が決行される事自体はアリなのですが、それはそれとして、空襲の跡から奇跡的に生還しました、みたいな背景になっていたのはやりすぎだったかな、と。
少年を無事に母親に引き合わせ、母親の為に我慢してしまういい子と、子供の為に頑張るその母親の距離が、少なからず縮まった事を喜ぶアム。
「うちもママと2人だからねー。先輩としてのアドバイス? 無理とか我慢とかしすぎると、自分が苦しいだけじゃなくて、相手も追い詰めちゃうんだよね」
「…………そうなんだ」
「でも今は仲良くやってるよ? あたしもママも、無理する前にいろんな人にばんばん頼って、甘えちゃうんだよね」
以前のセラ回の家族話でアムが「ママ」の存在を強調していたのを拾いつつ、頭の良さを積極的に使うよりも、適度に使わない事で楽しく生きようとする傾向があるアムの性質を背景補強。
「だから私、大和くんの気持ち、けっこうわかる」
「…………え?」
「みんな繋がって生きてるって話」
「……あ、ああ、うん」
これまで伏せられていた家族ネタに繋がるのか、母子の姿とアムの言葉に珍しく大和が歯切れの悪い反応を見せ、この役回りはセラにあげて欲しかった気はするのですが、少年への配慮はともかく、その後の踏み込みと、大和の挙動不審への気付きは、アムではないと無理か。
……頑張れ、セラ。
バングレイとクルーザーが戦い始めた気配にジュウオウジャーは駆けつけ、赤&サワオがバングレイ、残り4人がクルーザー、と、戦闘分担。最近、ジューマン4人の全体戦力における自己評価が正しすぎて、スムーズですが何かもの悲しい気持ちになります。
……頑張れ、ジューマン、頑張れ。
バングレイは、サワオ:テンションLV5(普通)とゴリラ:《一騎打ち○》を上回る強敵描写。
「雑魚が1人で頑張るねぇ」
「1人じゃない……俺達は、繋がってる! みんなでこの星を守ってるんだ。だから! おまえにも負けない!」
「みんな繋がってるって……? はははは! おまえ、そういうタイプ? バリかゆ〜。俺の嫌いなタイプだわ。バリバリ苛めたくなる」
サワオ攻略から立て続けの強敵登場で、どういう立ち位置になるのかと思ったバングレイですが、大和の理念を真っ向から否定する、いわばネガ大和という存在の模様。ここで、主人公の動機付けともう一回正面から向き合う、という展開になりそうなのは、さすがの目配り。
追い詰められたゴリラは間一髪、立ち上がったサワオと、クルーザーを撃破して駆けつけた4人に助けられるが、クルーザーがコンティニュー。
「街の平和はあんたにかかってるよ!」
エレファントの頼みとシャークの激励を受け、テンションLV6になったサワオがトウサイで立ち向かい、続けて巧く戦闘を分担。
恐らく、前回と今回の間に、セラには特に、サワオ操縦方法がアムから伝授されたのかと思うのですが、意味わかんないけど触ればいいんだよね……? という感じで一回余分に叩いてみるシャークが面白い(笑)
ただし、この後のクルーザーへの苦戦を見るに、テンションLV6までしか上げられない辺りに、セラの限界を見ます。
……走れ、セラ、走れ!
地上の5人は巨大メカに興奮するバングレイを不意打ちして砂にしようとするが、そこにナリアが登場。ノールックでジュウオウジャーを射撃するという格好いいアクションを見せつつバングレイをデスガリアンへと招き、バングレイは弓矢基地へと姿を消す。5人は気を取り直してトウサイジュウオーの救援に向い、合体サイキング発動で瞬殺。
陶山章央さんが結構好きなので、バングレイの踏み台にされてAパート退場もあるかと思ったクルーザーが、最後まで出番あって沢山喋ったのが地味に嬉しかったのです(笑)
戦い終わり、ひとまず予定通りに花火大会を、浴衣で楽しむジュウオウジャー。ところが……朝から浴衣姿でテンション高かったさわおは何故か、ジャージ姿で体育座り。
「今日一日、浴衣で暴れたせいで、破れてしまった。俺には、花火を楽しむ資格はない」
「……えっ、馬鹿じゃないの」
セラ、遂に撲殺に行く。
いや一応、言い方は笑い混じりなのですが、相手はその辺りのニュアンスが掴めないので、下手すると来週から登校拒否ですよ?!
その頃、弓矢基地では若干機嫌を直したジニス様が、バングレイと対面していた。
「ようこそ、デスガリアンへ」
退廃貴族と巨獣ハンターが出会う時、この新風は、ブラッドゲームに如何なる嵐を巻き起こすのか……「巨獣ハンター」という設定も、なにがしかの要素を今後の展開に持ち込みそうではありますが、バングレイ自身は、アザルドと色が被りすぎなので、あまり長持ちしなさそうな気はしてなりません(笑)
次回、バングレイはブラッドゲームを生き延びる事が出来るか?!