はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

新戦士の予兆

◆さやまきさん
 >黒の正体がまず遅かったかなぁと思いますし(さんざん匂わせてはいましたけど)
勇者キャノンの登場以後、格差が付きすぎましたしねー(^^; この展開なら、一旦決着をつけてリタイアさせた後で再登場、とか一ひねり欲しかったですね。
 >敵の寿命とか今思い付いたよね?みたいな出し方でしたし
体悪いのはむしろブラックの方が細かく伏線を張っていたので、ガオーム様が適当に被せた感じになってしまうという(^^;
 >普通に見ていて[あー、予算が底ついたのねー](苦笑)
セントパピリアはちょっと露骨に、ああ、もう大きな造形物は作れなかったのか……というのが漂いますよね(笑)
 >残すは最後の着地だけみたいになってきてはいますよねこの時期
世界観継承の続編決定だと、普通に片付けるよりも、考える事が多そうですしね……。
◆ナシナさん
 >こういう双子の有効活用、ダイレンジャーでは逆の立場でしたね(拓也(の役者さん)が知のコピー役を演じている)
合成しなくて済む分、色々な映像が撮りやすいのは面白いですよねー。
 >事情があって、できなかったかもしれませんけど、シャドー初登場の時のように?で良かった気もしますけどね。
児童層はキャストクレジットを特別気にしないという判断だったのでしょうし、その通りではあるのでしょうが(^^;
 >カブトムシが高貴な魂の持ち主なのは、言わずもがなですが、はるかも凍てつく街の中で、薄着のまま走り回る剛の者に成長してましたね。
ニュース映像など交えつつ、寒波の描写は頑張っていただけに、あそこはちょっと残念でしたね(^^;
 >カブトムシを大事に思う心もちゃんとあるので、もしかしたら次世代のビーファイターになれる逸材かもしれません。
ああ確かに(笑) そう考えると薄着も納得で、既に、レッドルの候補としてカウントされていそう……。
 >むしろ、今までよく動いてくれたなぁと思えてきます。そういえば、メガヘラクレスには虫魂って宿ってましたでしょうか?
パルセイバーの方には魂宿っていると明言されていますが、ヘラクレスは劇中で断言はされていないかもですね。自己修復しながら地中に隠れていたので、恐らく魂入っているとは思われますが。
 >マシンたちがどうして再起動できたか説明もなく、あれよあれよと氷河期の危機を解決してしまい、駆け足気味に思ってましたので。
山場を一度に入れすぎて、ラスト全部どさくさ紛れになってしまったのは勿体なかったですよねー。せめて、氷河期作戦の打破と、ブルーvsブラックは、別のエピソードにしてほしかった所です(^^;
 >拓也がシャドーの正体を知った後、戦いたくないという心境の変化が分からなく
拓也もともと、戦いを忌避しているというわけではないですものね。自分と同じ顔を殴りにくいのはそれはそうとはいえ、その辺りも大雑把になってしまいましたね。
 >前の感想でも言いましたけど、今作のミニチュアの特撮は力を入れてますよね。
メカ特撮はホント格好いいですよね。しっかり使ってくれるのも嬉しい部分です。
 >予告の時点からイメージ映像との変わりようにビックリですけど、分かりやすさ優先でしょうか。
人型にした方が話は早いという事だったのでしょうが、もう少し、何とか……かんとか……(笑)
 >拓也の方は一応戦いを拒否しているんだけど、この蝶々はどう見ているんだろう?と考えてしまいました。
あそこも急に個人レベルに干渉してくるパピリアの視点がもう一つわからなくなってしまいましたね。残り話数で巧く盛り上げてまとまってくれると良いのですが。
 >"自身の暗黒面を、人類規模の破滅の運命に重ね合わせる" 改めてこう書かかれると、ちょっと自意識過剰に見えてきますw
第1話でグルにいきなり「人間も一緒に戦える!」とか言い出していたので、拓也はそういう面がある感じに思っています(笑)
◆タイキさん
 >だったら何で寒さ対策しておかなかったんだとか思いますが、所詮筋肉で動いてる奴らですからそういう常識ある奴いなかったんでしょうね。
科学とオカルトが融合しすぎて、誰もインセクトアーマーの正確なスペックを把握していないのではないか疑惑(笑)