はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

マガタノドルゲ

◆さやまきさん
 >ラス前という事もありつつ田口監督としては(スケジュール的に撮影は同時か直後)劇場版も見据えての仕事で
TV見終わるまではと、情報入れていないのですが、劇場版や配信の企画が出てTVの方に影響与えた所はあったのでしょうね。
 >(風土記に関しては前作エックスでも名前がチラホラ出てたので余計にこれが種明かしかあ?という拍子抜け感が)
ああ、ちょっと遊びというか、スターシステム的なネタでもあったんですか。
 >SSPのホムペって台詞があるのなら序盤からここまでのサイトの変遷を絵としてチラッとでも出して置くべきだし
序盤は、コメントで叩かれているとか、炎上上等とかHP絡みのリアクションがありましたが、途中からそういうのも全く描いていなかったので、どうも上手く上昇曲線が描けませんでしたね。
 >タダでさえ渋川さん以外いらない子扱いのビートル隊をわざわざ更に叩き込まなくても…というのも(その弊害は前にも書きましたが)
パターンではありますが、露骨になってしまいましたね(^^; ラスト2話は映画なんだな、という事で割と流せはしたのですが、今作はどうしても、ビートル隊を徹底して出さない(けど画面外ではそれなりに活躍している事にしておく)、という手法でもいけたのでは、とは思ってしまう所です。ガイさん理想の俺語りによるヒーロー像と重ねる、という事もできたでしょうし。
 >正直もっとシーンを刈り込んでシンプルな構造にしてオロチの脅威やオーブとオロチとの戦いに割いたほうが
破壊シーンの話とも繋がりますが、TVスケールでの、怪獣の脅威度のエスカレートというのも、バランス難しそうですね。比較対象としては、オーブ、結構ころっと負けますし(^^;
 >CG特撮が発達して引きの絵で怪獣カタストロフを描きやすくなったのは今作の特徴でもあるんですが
 >それが余計なウソ臭さ(あんだけ大規模な破壊が何度も起こってるのに本編では再現しづらいし街が直るのも早過ぎて更にウソ臭い)
特に今作の場合はガイの基点がナターシャのトラウマにあるので、作品世界として“エンタメのお約束”として流しづらい所があって、その部分は消化しきれない感じでしたね。