はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

愛する星を護るためハードボイルド

◆折光さん
 >今となっては「やりすぎ」「陳腐」「それしか出来ないのか」と批判を受け、勿論作り手側もやり尽くされているネタである事も
 >あってやりにくい類のものとなっています。(インタビューなどでスタッフさんがそこからの脱却への苦悩を吐露するほど。)
成る程、シリーズとしては王道パターンに対する食傷気味の反応、という長年の課題が『オーブ』の背景にはあって、かなり意識的に、公に対する私のヒーローとしてのオーブ(ガイ)を突き詰めていった所があったのですね。
 >「過去の作品からの脱却」という、ある程度意図的だったのかなーと思います。
世界を敢えて広げない事で、一度、「卵」みたいなものを作りたかったんですかねー。
 >新しいストーリーを考えようにもノウハウの不足は否めませんし、過去作の要素を愛好し、
 >少しでも見せていきたいスタッフもまだ大勢残っていて話が纏まんないというのが現状です。
そのお話を聞いて、今作にずっと感じていた、『ウルトラマンオーブ』とはこういう物語なんだ!という部分がもう一つ見えてこない、という点についてなにか合点がいった気がします。
 >だからオーブはその辺りの消化不良要素が彼方此方に残像のように散らばったまま、
 >「ガイとジャグラー」という筋は通しながら独特の着地を迎えてしまったのだと自分は思います。
今作の欠点として、あちらこちらに散りばめた要素や投げたテーマ性が軒並み宙ぶらりん(『オーブ』として回収されない)、というのがありますが、「残像」というのは非常に腑に落ちました。
 >マンネリ化してきたウルトラシリーズでかなり新しい事をやった作品だと思うので自分としてはかなりの思い入れがありますね。
主人公の造形とか、SSPの位置づけとか、防衛隊ポジションが表に出ないとか、私としては今作の少し毛色の違った部分に面白みを感じた所があるので、そういう意味では、新しい試みに、半分引っかかって、半分合わなかった、といえるのかもしれません。今作がある程度の成功を収めたようなので、これを踏まえた、次のシリーズ作品がどういう方向へ切り込むのか、というのは楽しみですね。
◆さやまきさん
 >ジャグラー愛のほうにみんな突っ走ってしまったのか…
責任取れない男、クレナイ・ガイ……。
 >結局序盤からあった一般市民の視点[の代わり]のSSPを出した事で市民視点の欠如という問題
私としては、SSPから視点を拡大していくというか持ち上げていくという展開を期待していたのですが、そこは拡大もせず埋まりもせず、半端なまま終わってしまいましたね。
 >もうヒロインはジャグラーでいいよってくらいキャップも(本来全ての動機に繋がる血統を持ちながら)居なくても成立しちゃう流れだし
先輩の力を借りて戦うヒーローに対し、祖先の七光りで焦点の当たるヒロインと考えた場合、結局、ヒロイン:オリジンになれないまま終わってしまったというのは凄く悲惨ですね……(^^;
 >みんな並んだ際のベリアル閣下の浮きまくり度がハンパないなぁと
場の空気的にツッコみにくいけど、あれその人、光の力じゃないような……という(笑)
 >実はこの後の劇場版で更に色々と残念を更新してくれるんですけどねガイさんというかオーブさんはσ(^_^;)
ガイさんは、それでいいと思います!(え)
 >良く言われるので、ネクサスは作ってる側は深夜31時半のつもりで作ってたっていうのがあるんですが
なにやら異色作らしい、と名前は聞いた事ありますが、そんな事が……。
 >その辺り作り手自身が悩んでるというか迷走してるようにも思えるんですよね
今作の短所と感じていた部分は、どうもそういうブレが表に出てしまった所のようですね……だから、“『オーブ』ならこのテーゼにはこう向き合う!”みたいなものが見えなくて、テーゼだけ放り投げてしまうみたいな。
 >王道は基本マンネリなんだから葵の御紋の印籠がなきゃ締まらないじゃん!という意見もあるわけで
シリーズはシリーズとして、『オーブ』なりの王道を見せて欲しかった、というのはどうしても思う所です。そこへ辿り着くにはまだ、色々と中身を詰め直している最中、という要素があったようですが。
◆つるさん
 >自分は後半ほぼジャグラー目当てで見ていたので割と満足な最終回だったのですが、SSP(特にヒロイン)は本当投げ捨てられちゃいましたね…
ジャグラー自体は確かに面白いキャラでしたがが、SSPとのバランスという点では、だいぶ持っていかれてしまいましたね。
 >正直SSPの扱いは序盤から適当だったので、期待せずに見ていたら見事にその通りになったなあ…というのが本音です^^;
あの位置づけが跳ねたら面白いものが出てくるのではないか、と期待感があったのですが、跳ねませんでしたね……(^^;
 >…うまく広がったかは微妙な所ですが、個人的にはその試行錯誤感も含めてそれなりに楽しめた作品でした
怪獣特撮含めて、エピソード単位ではかなり楽しめたので、次のTVシリーズがあればまた見てみたいと思います。