はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

煩悩の数だけ正義がある

◆スピリットヒューマンさん
 >ライディングデカレンジャーロボは個人的に大好きなのでなんか嬉しかったです。
初登場の時の、スピード感のあるバトル演出は格好良かったですねー。『デカ』系のロボは最初のデカロボが一番好きな事もあり、印象深いです。
 >色々な意味で荒川さんらしいエピソードでしたが、つくづくこの時期の戦隊に某S監督がいなくて良かったなと思います(笑)。
……太股の好きなあの方のことでしょうか(笑) あの方は面白さとやり過ぎがホント表裏一体ですからねぇ……(^^;
◆五月サツキさん
 >サージェスのスポンサー……、……まさか荒川さん?そんなアイドル回です。
とにかく何やら、高度に政治的な力が働いた気配がします(笑)
 >細かいネタを拾いつつもパロディを差し込み煩悩を爆発させる荒か川さんの見事な手腕(笑)。やっぱりキュウレンアイドル回も荒川さんを呼ぶべきだったのでは……。
ホントこういう事やらせると巧いですよねー。そしてあくまで、キャラクター本位というのが絶妙です。
 >さくら姐さんはお嫁に行くのではなく、王子様もとい旦那様は自分で捕まえに行くのです。
つまり、西堀暁。
 >丹原役、Dr.ヒネラーの方だったんですね。気づきませんでした。記念作品らしく戦隊OBが何人も出ていますが、メガレンからは3人も出ていたとは。
ヒネラー、化粧とカツラ外すと誰だかわからないですよね……(^^; 『メガレン』は10周年には1年早いですが、近いという事や関係者の思い入れもあったのかもですね。
 >次回は蒼太さんの不祥事案件。脚本はもちろん……(笑)。
『マジ』では実質的なトロイカ体制かつサポート役?だった事もありもうひとつ切れ味不足でしたが、今作の荒川さんの解き放たれた獣ぶりは凄いですね……(笑)
◆やずみさん
 >こっちはこっちで、2006年秋まではアニメのシリーズ構成を2本こなす多忙ぶりだったんです。
荒川さん、戦隊シリーズだとサブでかなり入っていますが、基本的にメインライターとして代表作多数、という方ですものねー。前年は『響鬼』で井上敏樹が駆り出される事になりましたが、そう考えるとこの2年は東映もシリーズワークで激闘が続きますね……。
 >ああ、確かに普通なら強奪計画とか練りそうなものですよね……。そう思ってしまうあたり、規格外ヒーローっぷりにすっかり慣れたものです。
私も書いていて「なんかおかしいな……」と思いつつ、「でもこうだよな……」と(笑)
 >確かにそう見えますが、おはガールとかやってた人なんですけれども……まあ、さくらのキャラが出来上がっているからこその感覚でしょうか。
あ、そうだったのですか! 菜月との対比もあって、ずっと大人びたキャラとして描かれてきましたからねー(^^;
 >……この2点をクリアしようとした結果がこれなんでしょう。ホント、玩具の宣伝とは難しいものです。
サイレンはちょっと可哀想な事になりましたが、強力な新ロボが出たけどダイボウケンも活かす、という点で嬉しいギミック&アクションとなりました。
 >『ボウケンジャー』はメンバー6人全員のキャラクターソングがあって、さくらの曲は末永さん作詞というトピックもあったんですけれど、
 >それが未使用だったのには噛み合わない部分を感じてしまいます。
歌を用意する余裕が無かったのかなと思っていたのですが、既にあるなら、ねじ込んで欲しかったですねぇ……。さくらさんのキャラ的に、インタビューシーンの方が面白い、という判断だったのかもですが。
◆輝剣さん
 >森下氏は丹波哲郎の元弟子ということで、自分や知人が受けた理不尽をうまく笑いに昇華されていた模様。
 >愛情をこめて演じられてたんでしょうね。
ああー、そういう関係だったのですか。ある種の公認パロディというか、思い切りにはそういった背景もあったのですね。
 >財団幹部連が丹原敏郎のファンだとか?(チーフと香川先生を見ながら)
何やらそういう事情を想像してしまいます(笑)
 >珍しく策を弄しましたね、陛下。 慣れないことなのでチーフに見抜かれるのも陛下らしい。
こういう細かい所で因縁が活きつつ、プロ戦隊らしさも出て良かったですね。
 >これは末永氏へのガチのアドバイスですよね。「きつかった」そうですので。
これを、戦隊ヒーローとしては超いい男役だった能見さんが、コミカルな演技をしながら言う、というのも面白かったです。
 >実はダークシャドウと提携してツクモガミの技術を取り入れたとかでもおかしくないレベル(作戦もダークシャドウっぽいし)
確かに着ぐるみベストマッチな妖怪ぽいですね(笑) 考えてみると風水ドラゴンもそこそこの知力でしたし、陛下の邪悪竜作成スキルも高まっているのでしょうか……。
 >ゴーバスは、私はメカニック描写とバディの描写を楽しむ感じで視聴していきましたね。
グレートゴーバスター登場あたりで、ようやく歯車が噛み合った感があって楽しくなってきたところではあったので、落ち着いたら再開したいです……。
 >キョウリュウジャーはキング無双が受け付けないときついですからねー。受け入れられるととても楽しいんですが。
半分までは見たのですけど、急に見るテンションが切れてしまったんですよねー……(^^; 緑と金は好きだったんですが。