はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『轟轟戦隊ボウケンジャー』感想・第43話

◆Task.43「危険な贈物(クリスマスプレゼント)」◆ (監督:鈴村展弘 脚本:武上純希
この最終盤にして、『メガレンジャー』『ゴーゴーファイブ』『ガオレンジャー』でメインライターを務めた武上純希が初参戦……というか雰囲気的には、スクランブル スクランブル 響くサイレン レッツゴー レッツゴー サンダーウイング 緊急発進(『超力戦隊オーレンジャー』ED)。
演出が終盤にスポット参戦というのはままありますが(次作立ち上げでローテ監督が抜けたり年末進行など諸々でスケジュール調整の厳しい時期という事で、助監督をデビューさせたりとか)、鈴村監督も今作初参加。
というわけで、石化した映士を放り投げられてクエスターの始末をつけろ級の鬼畜なミッションはさすがに回避され、『仮面ライダーアギト』でヒロインを演じ、今作翌年の『仮面ライダー電王』にレギュラー出演する秋山莉奈をゲストヒロインに迎えてのコミカルな一本。
事の起こりはクリスマスイヴの夜、部下に頼まれた人気のケーキを買っての帰り道……空から降ってきたミニスカサンタをお姫様だっこでキャッチ……し損ねて地面を転がす不滅の牙の、ヒーローポイントが致命的に下がった!
「君は?」
「……クリスマスイヴだし……イヴとでも呼んで!」
ミニスカサンタがにっこり微笑むとコミカルなBGMが流れだし、香川先生の冒険小説には存在しなかった導入についていけない不滅の牙は、空から降ってきた娘に至極もっともな疑問をぶつけてみる。
「……君は、どこから降ってきたんだ? そんな袋持って……泥棒?!」
もしかしら同業者だろうか、と判断するチーフだが、イヴと名乗った娘(演:秋山莉奈)は、サンタを自称する。
「あのな、サンタさんていうのは、白いヒゲのお爺さんと決まってるだろ」
「若くってー、綺麗なお姉さんが、サンタクロースじゃいけないっていうの?!」
走り去っていくイブを見送るチーフ、相変わらず、プレシャスの絡まないオカルトには頑として否定的(笑) だがその足下には確かな現実として、無惨な轢死体と化したケーキが残っており……
「でも、サンタクロースに潰されたなんて、下手な言い訳ですね」
「それも、ミニスカートのサンタなんてな」
基地に戻ったチーフ、かつてないアウェー(笑)
一方、プレゼント配布ミッションを完了したイヴは「僕に格好いいロボットの玩具を下さい」という強い願いを耳にして、ついつい袋の中に残っていた変なロボット?をあげてしまい、翌朝――
「サンタさん、サンタさん、クリスマスプレゼント、欲しいなぁ」
サンタ仲間?の打ち上げを終え、ベンチで目を覚ますイブの背後に忍び寄る変質者、もとい偉大なる大神官ガジャ様。
「そんな事言わずに、サンタさんの持ってる――プレシャスでいいんだよ」
そんなガジャ様の反応をキャッチしたボイスから出撃命令が下され、ガジャ様、いつの間にか、サージェスからプレシャス認定されていた。
……まあ、危険性といい蓄えた知識といい、現代人の目からすると、実際ほぼプレシャスです。
現在のボイスとボウケンジャーの微妙な関係という要素は潔く無視され、出撃したボウケンジャーは、ゴードム兵に囲まれるイヴを発見。
「あれはゆうべの?!」
「え?! あの子がミニスカサンタ?!」
アバンタイトルでも「居たら連れてこいよ」と言っていましたが、割とミニスカサンタにこだわる映士、これも一つの親離れの結果なのか(笑)
「可愛いじゃないですか」
蒼太が例の如くの条件反射をチーフにたしなめられ、チーフのスキャンダル疑惑発生のその時、ちょうど間にさくらさんが挟まっているのが面白い。
スタートアップしたボウケンジャーはゴードム兵と戦いになり、逃げたイヴを追いかけるチーフだが、一足遅く、イヴの袋とペンダント――シェム――がガジャの手によって奪われてしまう。
ガジャが狙っていたイヴの持つプレシャスは、16世紀にサンタクロースからボヘミア王国に贈られるが、突如暴走して一夜にして王国を壊滅させてしまったという巨大な戦士・<ゴーレム>。
シェムはその起動装置であり、そしてイヴが昨夜、少年の願いを聞いてプレゼントしてしまったロボットこそが、ゴーレムなのであった。
「本物のサンタだったら、子供の安全を考えるのは当然だろ!」
「……あー! さとりん嫌い!」
危険なプレシャスを玩具として子供にあげてしまったイヴの無責任さに怒るチーフだが、イヴの繰り出した秘技《女の涙》の前に、あっさりと敗北。そういえばほぼ絡みがゼロでしたが、ダークシャドウはチーフにシズカをぶつければ完封勝ちできたのでは、という疑惑が急浮上する頃、アジトに戻ったガジャ様は大暴れの末に完全に消滅したクエスターの事を振り返っていた。
「所詮は愚かなアシュ。世界を手にする事など、無理無理無理ーーー。それをやるのは、このガジャ様」
ノリノリのガジャ様、袋の中から人形を取り出す、ところでそれがゴーレムでない事に気付くのかと思ったら、
「人間の生み出したこのゴーレムで、人間の生み出したクリスマスとやらを、地獄に変えてやるのだ」
おままごと用の人形を前に、そのままのテンションなのが面白い(笑)
一方、焼き芋で懐柔を行い、苦手分野への対処方法がさくらと同レベルだった事が発覚したチーフはイヴの記憶を頼りにゴーレムを受け取った少年の家へ。
「留守のようだな。……近くの公園に行ってみよう」
「え?」
「俺にも覚えがある。クリスマスイブの翌朝、貰ったプレゼントを自慢したくて、みんなで持ち寄って……」
「ねーぇ、喉渇いた……なんか飲みたーい!」
「くっ……」
必殺《俺は既にいい事を言》おうとしたが、ギャルに無効化された!
イヴに翻弄されるチーフが情けない姿を連発するのですが、個人的には、ボウケン学校回よりも、開運フォーム回よりも、チーフの扱いが酷く感じました(^^; 脚本・演出ともに初参加というのはあるでしょうが、とにかく今回は、コメディとして割り切った作り。
その頃、チーフからの連絡を待つ仲間達は、牧野がセール品で買ってきたクリスマスケーキを堪能していた。
「それにしても、あんな可愛いサンタと二人、羨ましいな」
蒼太さんは、ただひたすらに相変わらずであった。
「二人だけで大丈夫でしょうか?」
「気になるのか?」
「え? い、いいえ」
特に深く考えずにデリカシー皆無な質問をぶつける映士はこれまで通りながら、さくらが露骨に動揺するのが、クリスマスマジック。コメディ回ながらキャラクターの連続性を保つ要素としても、さくら→チーフを拾っていってくれたのは良かったです。
「のぉぉー、おまえはゴーレムではなかったのかぁー」
中年男性がおままごと人形を握りしめる、という実に酷い絵で目の前の人形がゴーレムでない事に気付くガジャ様だったが、本物のゴーレムは呪文により確かに起動。反応を追ったガジャ様がその額にシェムを填め込むと人間大の大きさとなり、割と凄い勢いで高層ビルを消し飛ばすと、駆けつけたレッドを怪力でねじ伏せ、召喚されたズバーンすら撃退。
レッドからの連絡で合流したボウケンジャーの放ったコンクリートすら自力で内部から破砕すると更に巨大化し、前回見たような映像で、街を大破壊(^^;
物凄くクエスターが浮かばれませんが、これが半年ほど虚仮にされ続ける事になった、ガジャ様の間接的な意趣返しでしょうか。
クリスマスの喜びに溢れていた筈の街は一瞬にして惨劇の巷と化すが、イヴからゴーレムを動かす「真理(emeth)」から一文字削って「死(meth)」に変えるというゴーレム退治のお約束を聞き出し、ボイジャーとサイレンが出撃。強敵ゴーレムをサイレンが引きつけている間に、両腕をドリルとショベルに換装するという、まさかのボイジャー轟轟武装により、ドリルアタックで額の文字を削り、ゴーレムはただの泥塊へと戻るのであった。
「またしてもまたしてもまたしてもぉぉぉ! この一年、あのカラフルな奴らに奪われ続けてきたが、人類の作ったプレシャス一つの力らなど、所詮しれたもの。やはり、ゴードムの強大な力こそが、必要」
原点回帰したガジャ様は闇の中に姿を消し、取り戻したシェムを手に、いつの間にか居なくなってしまったイヴを待つ6人。
「可愛いサンタだった……な。残念だったな、明石!」
満面の笑みでチーフの肩を叩き、映士、映士はいったい何にこだわっているの?!(笑)
「ま、少しだけ」
「クリスマスも終わりだしなー」
「サンタクロースの島へ、帰ったんじゃないですか?」
「ああ、そうだな」
「あー、サンタさんにプレゼント貰えば良かったなー」
と菜月が呟いたところで雪が降り出し、ホワイトクリスマスをプレゼントに、トナカイの引くそりに乗って空を走り去っていくイヴ。
「さとりーん、クリスマスを守ってくれて、ありがとう! 来年のクリスマス、またデートしようね!」
「……イヴ! また来年! ……もう失敗するなよ、イヴ」
ミニスカサンタとのスキャンダル疑惑をいい話で終わらせようとする不滅の牙だが、西堀さくらは回り込んだ!
「チーフ」
不滅の牙は驚きすくみあがった!
「またって。やっぱり今日も、任務のフリしてデートしていたんですか。――ミニスカサンタと」
「いや、俺は別になにも……」
さくら以外の皆に一斉にからかわれ、最後も完全アウェーのチーフ、本格的に身の危険を感じて一目散に逃亡、で続く。
冒険者には諦めぬ勇気も大事だけど、引き時を見極める逃げ足も大事なのです。
というわけで年明けからのラストスパートに向けて閑話休題でしたが、久々に出番たっぷりとなったガジャ様がゴードム文明に関する自己肯定力を取り戻すという対ボウケンジャーの鍵を掴んだ上で、さくら→チーフを抑えてくれたのは良かったです。
次回――全くもって予想外の絡み、そして、いよいよ真の闇の力が解放される?!