はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

花粉症ではない……きっと……

◆wander_sheepさん
 >もし遅刻しなかった場合は「二人とも無事」と「二人そろって粉々に」という、どちらも起こり得るのかなと。
 >透真の心情的には当然前者を想定してるのでしょうけど、そうとも限らないような。
有り得る可能性に含みを持たせつつ、もう一つ加えて、もしかしたら「一人で取り残される」よりも「愛する人と一緒に消滅する」方が良かったかもしれない……と思わせる要素もありそうなのがまた凶悪ですよね。そして前者だからこそ尚更、透真は愛する人を取り戻す事に囚われるという。
 >情を前面に出しての説得ではないというのは、素直に頷けます。
ここで情を前に立てて説得成功してしまうと白けかねなかったので、良い組み立てでしたねー。
 >快盗だからほいほい外で本名出さないのは当然なのですが、現状のメンバー内の距離感も現れてて良いなぁと思えました。
コードネームだったり名前呼びだったり、戦隊の歴史を内包しつつ、これも快盗と警察の巧い色分けになりましたね。
 >喫茶店を再訪時に、最初は注文もできなかったことを謝ったりだとか、ちゃんと親しみやすさも描かれていて好感が持てます。
最初はつかさが去り際に謝って、最後は入店時に圭一郎が謝って、と警察戦隊全体で、任務中の引き金は軽いけど良識は割と持った人々、として描かれているのは細かく良かったですね。
 >咲也からもなんだかんだで慕われているようですし。
かましけど憎めない、みたいな位置づけは戦隊では少ない気もするので、このまま巧く転がってほしいですね圭一郎。
 >クール系でありながら、今のところ一番危なっかしさがありますよね透真には。
この辺りまた、揺らしてくれるのも楽しみです。
◆つるさん
 >前回はダブル戦隊をうまく転がせてましたが、今回はダブル戦隊がノルマになってしまった感じはありましたねー^^;
立ち上がりはやむを得ない部分はあるのでしょうが、悪い意味で型が見えすぎてしまった感じでしたよね。緑のキャッチコピー的なものに繋げていったのは悪くなかっただけに。

 >…ここまで尺に差があると中盤でルパンとパトの扱いが逆転する、みたいなギミックを仕込んでる可能性を本気で勘ぐってしまいます(笑)
W戦隊ならでは、の仕掛けは色々考えていそうで想像が広がりますよねー。
 >助けた後の未来を考えていないルパンレンジャーと、未来を作るために助けるパトレンジャーという関係は
 >どこか既視感を感じるなーと思っていたのですが、これ龍騎とかオーズでは…?と先日気付きました
ああ成る程。快盗サイドの、味わった喪失によりどこか欠けている感じ……というのも繋がる所がありますね。W戦隊の対比を用いながら、どんなヒーロー像を見せてくれるのか、というのは凄く楽しみです。
◆スピリットヒューマンさん
 >何も知らない人が今回だけを見たらマスターはすごい良い人に見えそうですね。
途中から、息子を心配する父親、みたいな表情で戦兎に接するのが、ホントさいてーとしみじみ(笑)
 >平成ライダーには早めに出てきた2号ライダーはかませ犬になりやすいという法則がありますからね
第1部がベストマッチな二人を丹念に描いていく方向だっただけに、ギャップもちょっと大きいですよね(^^; OPの新カットは格好良かったので、今後の見せ場を期待したいです。
 >上堀内監督のセカンドパイロットは正直個人的に、うーんという出来だったのですが、
 >今回は冒頭のハザードフォームなど秀逸な演出が多く、決まっていたので良かったです。
私も3−4話はあまりパッとしない印象で、そのまま映画に入ってしまったので、どうなんだろう……と思っていたのですが、今回はホント、久々に演出単位で興奮の出来でした。
◆特命さん
 >暴走のリスクがあるハザードトリガーを後先考えずホイホイ使用する戦兎はどうかしていると思いました。
本来は、そこまで追い詰められる戦兎、を積み重ねた末のハザード……という段取りのつもりだったのでしょうが、そのプロセスが雑になってしまったのは勿体なかったですね……幾ら何でもギミック詰め込みすぎたというか。
 >それと何だか第二部にはいってからストーリーが全然進んでいないんですよね。もうちょっと何とかして欲しいです
今回でひとまず、重要チェックポイントに辿り着いた感はあるので、ここからの加速を期待したいです。
◆Nさん
 >上堀内監督は、前作『エグゼイド』でも本編初監督ながら印象に残る好演出をされていて、早々に劇場版を任されたことなどから、
 >相当信頼を置かれている監督のように感じます。
今作3−4話ではこれといった強い印象はなかったのですが、今回を見て成る程これは過去主役大集合の劇場版を任せてみたくなるわけだ、と納得の出来でした。
 >余白のある画面作り、照明の使い方など、随所に石田秀範監督っぽさを感じる所があって、弟子筋にあたる人なのかなと勝手に思っています。
確かにそれっぽい雰囲気ありますね。空間の切り取り方とか、かなり凝っていて面白いですよねー。
 >上堀内監督には東映ヒーロー作品のこれからを支える存在としてさらなる活躍を期待したいところです。
個人的には今回、00年代戦隊で中澤監督が頭角を現してきた時以来の、この人は巧い、というインパクトでした。こういう監督さん出てくると、嬉しいですね。
 >この問題ですが、近々、龍我はおいしい役回りを貰うことになるのでご安心ください笑。
早く、追いつかなくては……!
 >今回、演出も演者も気合い入ってたはずなのに、それを上回る"大元凶"のやりたい放題っぷりで結果、
 >見終わった時にマスターサイテー!サイコー!という感想になってしまうという、、マスター恐るべしです。
中盤の戦兎は大熱演でしたし、対峙する猿渡も凄くいい味を出していたのに、ラストでそれら全てマスターが上回って持っていったのは、本当に強烈でした(笑) 最低です……。
 >想像ですが、戦兎の連絡を受けてからマスター、のど飴飲んだり発声練習したり、良い声出すためにいろいろ喉のケアしてそう笑。
なんか、カロリーメイトみたいなの食べていましたし、物凄く入念に準備整えてましたよねきっと……(笑)
◆えぬさん
 >師匠ごっこに凄く納得です。昭和ライダーにみられる、強敵怪人相手の、おやっさん相手の、必殺大特訓シーンですよね。
あああ、なんかこれ、既視感あるな……と思っていたのですが、それですね!(笑)
◆ゆーりさん
 >仮面ライダー的には師匠ごっこと言うより立花藤兵衛ごっこと言うべきなのか(笑)
マスターの最低ぶりを見せつつ、割と狙ったオマージュだったんですかね(笑)
 >大森Pがエグゼイドの時に玩具が売れすぎて新商品をどんどん出してしまう様になってしまったので今回は抑えたいと言っていましたが
 >ビルドもかなり玩具がヒットしてるようで財団Bの方も調子よく新商品を出してるのがちょっと心配になってきました
そんな事があったのですか……特撮番組はそこが難しいですよねぇ。時間移動もあった中、玩具の売り上げが良い事自体は、非常に喜ばしい事ですが。
◆橘まことさん
 >絶望的な状況を散々言い含めたうえで「お前次第で、わずかな希望がすべてを好転させるかもしれない」とチラつかせられたら、
 >そのリスクを承知していても、うまくいくことを信じて行動してしまうのかもしれませんね。
ホント今回、それが原因で殺人を犯した事に沈んでいる相手に「ハザードトリガー使いこなせるかもよ」と囁きかけるのが超最低で……多分本人全くそんな事思っていないのに、傷の克服をああいう形でそそのかす、というのが、まさに希望という名の毒ですよねぇ……だからコブラ、なんですかね……。
 >しっかし、今のこの暴れっぷりを思うと、正体を隠していた序盤の頃のマスターって相当ストレスたまっていたのではないでしょうか(笑
あれはあれで、ネタばらしのタイミングを計るのを凄く楽しんでいたような気も……(笑) ぴょんぴょん跳ねながら(最低……)
◆あきさん
 >葛城の顔を入れ換えて戦兎という仮面ライダーに仕立て上げた後に、その二人と可愛くぴょんと跳ねて愛嬌振り撒いてるんですよね。
OPは劇の外といえば外ですが、これ以上なくマスターの「異形の精神」を示していて、物語が進むほど凶悪な映像になっていますよねアレ……。
 >で、ことここに至って、OPにグリスが来たりと他は変わっているのにまだしれっと残してるってことはもう、スタッフは最初から確信犯なんですね(汗)。
アレを見て、むしろ「マスターさいてー」と思ってほしいという事ですよね……(^^;
◆五月サツキさん
 >模造あらすじ面白かったです(笑)。娘を使って金儲けするマスターはやっぱりさいてーですね。
ありがとうございます。実は視聴優先で感想をざっくりめにしようと思っていた時におまけ気分で書いたのですが、本編が壮絶な展開だわ面白いだわでどうしよう、と思いつつ折角なので残してしまいました(笑)
 >絶望にうちひしがれる戦兎は役者さんの演技がよかったです。まさに魂が抜けてしまったと言わんばかりの様子で。
初期からかなりしっかり見せてくれる役者さんですが、今回はホント良かったですね。
 >龍我は最近扱い悪いですよね。もう1人の主人公かと思ってたんですけど、猿渡にその座を奪われているような……。
この悩める期間が、後の飛翔のバネになってほしいものですが……。
 >マスターに関してはもうただたださいてーという感想しか出てきません(笑)。元はといえば全部お前のせいだろーがと。一体火星で何があったのか。
SF的には、火星の古代文明人に精神を乗っ取られているとか定番パターンですが、こちらもどういう飛躍をしてくれるのか、楽しみですね。