はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

野生の青年

◆八手四郎次郎さん
 >「自分(ゴーシュ)はルパン陣営の内部事情を知っている」ことを遠回しに伝えたものだったんでしょうかね?
それ怖いですねぇ……ゴーシュとコグレが、付き合っていたらどうしましょう……。
 >コグレが「双眼鏡?」と微妙な反応を示したのも、"双眼鏡を持つギャングラー幹部"が自分の正体を知っていると分かっていて、
 >「ゴーシュの線から魁利君に私の素性を探られると厄介ですね」と懸念した、ということなのかなあ、と。
双眼鏡そのものよりも、双眼鏡を持ったギャングラー、に問題がある、というのはミスディレクションとして面白いですね。双眼鏡関係は次回あっさり……という可能性もありそうですが、どう転がるのか楽しみです。
 >どうもゴーシュって単なる「ボスをたらしこんで自分の欲望を満足させようと目論む毒婦」ってだけではない不気味さがあって
 >(デストラ兄貴は対照的に裏表のない性格に見えますが)、ギャングラー陣営最大の不確定要素なんじゃないか
ギャングラー側はこの辺り、どこを定番でいって、どこでひねってくるのか、というは面白そうな部分です。
◆スピリットヒューマンさん
 >赤にばかり焦点が当たっているような気がして、戦闘シーンでも黄色と青は添え物扱いな気がしてならないので、早いとこ単独のメイン回をやって欲しいのですが、
異色の赤なのでまず赤中心、というのはわかるとして、青はまだしも黄は完全に割を食ってしまっていますね(^^; 悪い意味で、とりあえず女性キャラは後回しでも何とかなるだろう……的な作りというか。
 >次回早くも親玉と顔合わせのようなので第2話でも思ったのですが、色々急展開すぎてイマイチ乗り切れないので、もう少し落ち着いてほしいなあと個人的に思うところです。
理央サイドを同格に置く、というのが作劇上の狙いなのでしょうが、そこが面白みになるのかどうか、というのは不安がちょっとありますよね。
◆輝剣さん
 >マスターシャーフーとジャンが子供たちから人気になる→掃除をしたがる子が増える→親御さんニッコリで財布が緩む
 >というコンボが決まるはずだったんでしょうねぇ。
よくある話ではありますが、セロリマンに続いて、ちょっと露骨ではありましたね(笑)
 >そういえばこの戦隊、現状明らかにリーダーはランなのにセンターはジャンという不思議な戦隊ですよね。
気がつくと主導権を握っている、というのはままありますが、そこの説得力はワンポイントなにか欲しかったですね。ジャンがリーダシップなどとは無縁だったキャラだっただけに。
 >伊藤かずえさんのお子さんも腕白だったそうでジャンへの接し方も母親みたいですよね、ジャンはお母さん達からは「温かい目」で見られていたんでしょうね。
ああ成る程、野生児主人公を持ち込む事により、「母と子」の関係を投影しているんですねー。
 >パワータイプの怪人にレッドが技や策を用いず、正面からパワーでぶつかって勝つというのは珍しいですよね。
馬鹿っぽい勝負になってしまう所に「修行」という要素をうまく持ち込んで、長所を伸ばして上回る、というのは巧い具合になりましたね。
 >可愛げがあるレッドですよね、ジャン。ただ可愛げのあるキャラというのは年上からは好かれても年下からはあまり…
これワンポイント無いと身勝手キャラ一直線になってしまうので、社会性は無いけれど根っこの所にそういう部分がある、というのを早めにやってくれたのは良かったなと思います。そこが子供に魅力的に映るか、というとまた難しいのでしょうが(^^;
 >……大丈夫、五毒拳のリーダーは策を弄するタイプですから。え、他の4人?あ、いや強いですよ中ボス格ですから
すみません、あまり予断を持ちたくないので、その辺りは、秘密にしておいていただけると助かります(^^;
 >そういえば、第1話と2話の撮影順ですがジャンのファーストカットが2話のヌンチャクだったそうなので、アフレコも2話の方が先だった可能性はあります。
ああいきなり、「はいこの衣装で」と、半裸で森の中からスタートするほど鬼ではなかったのですね……(笑)
 >一年を通じて「怖いけどなれっこ」になったそうですが、過酷な現場ですねぇ。
何か他の作品のキャストで、爆風が暖かいので段々と火薬ありの撮影が嬉しくなっている、みたいなインタビューを読んだ記憶があり……近年は注目度が上昇して、戦隊経由で売れる俳優さんが次々と出ているのはホント嬉しいですね。
◆Nさん
 >精神年齢5歳児の少年が真咲のそれっぽい言葉(例:"負けないわ""無限のパワー")にまんまと乗せられてしまっているなかなか酷いシーンに思えてきました(笑)。
真咲さんはいわゆるモチベータータイプというか、部下転がしの巧さが、ある意味で恐怖なのかもですね……。面倒くさそうなレツのツボも鮮やかに突いていましたし(笑)
 >それを踏まえて以降のギュウヤ戦を見ると、完っ全にジャンが洗脳されているようにしかみえなくなってしまい、変な所でジワジワきています(笑)。
筋肉は、光だ! そして光は、闇に打ち勝つ!!
◆五月サツキさん
 >本筋に寄った話をサブライターに割り振るのはちょっと驚きですが、違和感もあまりなかったので、期待できますね。
情報の出し入れは明確にオーダーがあったのでしょうが、キャラの動かし方は悪くなかったですよね。今後もっと自由度の高い話を書かせてみるのか、起用の仕方は気になるところです。
 >人が沢山失踪しているわけですが、事件として取り上げられているのは初美花の女子高の生徒だけなんですね。人が消えたことについて、同じ手口だとはバレなかったのか……。
ザミーゴ案件はどうも謎の失踪事件扱いになっているようですが、コレクションの作用なのか、何らかの圧力がかかっているのか……今後、パトレンが真相に気付いて迫っていくという展開も期待できそうで楽しみです。
 >ジム・カーター、GMSさんの予想通りなかなかいい性格をしてましたね。事務の反乱が起きる回もある……でしょうか(笑)。
まだまだ本性を隠している気がしてなりません(笑)
 >理央様の迸る闇の力をお楽しみいただけているようで嬉しいです(笑)。ヤイバ先輩と仲良くなれそうですよねえ……。
あと1年遅く生まれてくれば……(笑)
 >ジャンと共に視聴者である子供も成長していく、というのを狙ったのかなーと思いました。
戦隊の年少キャラってスケジュール調整の問題が出たり、他メンバーとの目線の合わせづらさがネックになったりしますが、子供視点への寄り添いを野生児という設定で描く、というのは巧く考えましたよね。