はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

大探検

◆スピリットヒューマンさん
 >これが素なのか計算してやっているのかさくらさんがさくらさんだけに判断しがたいのですが、さくらさんは結構好きなキャラなので、頑張ってほしいです(笑)。
お嬢様設定もあるので、恐らくは素ですよね……(笑)
 >戦隊の映画は時期的に追加戦士の扱いが気になりますが、今回は一緒に行動してはいないものの、うまく使われていますし
シルバーの扱いが良かったのは、映画として満足度を上げてくれて良かったですね。
 >脚本家やプロデューサー、キックの撮り方の角度を考えると、アレはブレイドの電撃キックなんだと納得できました。
ああ成る程。技としては凄く好きなんですよね−、アルティメット飛び蹴り。
 >正直全編通して割と派手だったので、このショボい必殺技のせいで評価が下がりました(笑)。
合体必殺技でも放てれば良かったのでしょうが……(笑)
 >個人的には尻だしとネガティブの4人が吹っ飛ぶシーンはやりすぎかなと。
好き嫌いでいうと私も好みではないネタでしたが、この辺りは、映画館全体をどう笑わせるのか、という意識が恐らくあったのでしょうね。
 >私がひねくれてるだけかもしれませんが、ボウケンジャーが真っ当なヒーローに見えるとなんかイヤです(笑)。
ボウケンジャーの描き方としても珍しかったですし、これが一番、お客さんとのシンクロを考慮した、劇場版スペシャル要素だったと思います(笑)
◆MOPさん
 >当時、本格的に特撮を見始めて2シーズン目でしたが、満足感が高かった気がするのでやはりゴージャスな映画だったのですね。
あまり戦隊映画を見ていないので比較サンプルは少ないのですが、TVのSP版ではなくあくまで映画、という意識が強い作品だなと思います。
 >地球が宇宙の悪者にやたら狙われるのは明石暁がいるからなんだ!という映画ですよね(^-^;
さんざん、人を獲物呼ばわりしてきたチーフが、宇宙規模から見たら獲物だった、というのは面白い構造でしたね(笑)
 >個人的に一番ゴージャス感があるのは「お父様」こと明石虹一のキャストですね。
映画ってキャストの説得力が物を言う所があるので、不滅の牙の上を行く存在として、ストンと納得できて良かったですね。
 >チーフがリーダーシップのある強いレッドだけど、皆に愛されるレッドでもあるとこの映画の頃から理解した気がします。
スーパーダイボウケン編を経て、チーフが徐々に容赦なくツッコまれるようになっていた頃で、オチも和やかで良かったですね。