はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

地球死闘編

◆タイキさん
 >今パッと思いついた例だと「Zガンダム」のカミーユがそうじゃないですか?
カミーユ、はちょっと、ヒロイン、とは言いがたいような……(笑)
 >かつてチェンジペガサスやってた人で30時間しか外の世界で活動できないという条件つきで現代に蘇った設定でほぼヒロインみたいなものでしたし。
戦隊の場合は実写の都合もあって当代キャストを重視する作劇になる関係で、先輩キャストを組み込むと、どちらかというとヒロイン化するというのはあるのかもですね。
◆輝剣さん
 >この発想は馬鹿馬鹿しいが、段取りは意外に理詰めな感じは以前からコメントで指摘されている方もいる通りボーゾックの系譜。
バットバス軍団の場合、あくまで「作戦」として段階を踏まえていくのが、ボーゾックの進化形にも見えつつ、軍団としての面白みになっていますね。
 >ビズネラがリッチハイカー似とも指摘されてましたが、悪のコンサルタント業は昔から存在していたのかもしれませんね。
宇宙へはばたく、ロン汁(待て) ……そういえば、リッチリッチハイカーの強化はエグゾスのエネルギーを浴びた疑惑がありますが、エグゾスはまさに、大宇宙レベルの巨悪コンサルタントですね。長生きしていそうなので、樽爺やビズネラの師匠筋かもしれません(笑)
 >シンケンジャーも戦おうとしましたが、殿ですら押しつぶされてダウンしていました。状況が違うとはいえ、それでも戦って結果を出すギンガマンの恐ろしさよ。
ギャグっぽい状態異常で思わぬピンチに、というのはしばしばありますが、あるだけにギンガマンの能力の高さが光りましたね。
 >むしろ百貫デブ状態になった男衆の方がギャグ的においしかった気もします。
基地に転がっているだけだったらサヤ回度が上がったのでしょうが、現場で立ち回りしたせいで、終わってみるとそっちのインパクトの方が強いという……(笑)
 >希望を失い逃げて逃げ続けて流れ流れた果てに捨て駒として生を終える、なんだか妙に現実的で、ギンガマン感想の初期ネタであるギンガ組を思い出しました。
ああ! ヒュウガ復活以降、任侠集団というより大学のゼミっぽくなっていたので自分で書いたネタをすっかり忘れていましたが、博徒稼業の哀れな末路、というエピソードだったと思うと、納得度が上がる気がしてきました(笑) デギウスの前身を、星を守る戦士というより、弱小組織の用心棒だったと捉えると、色々としっくり来ますね……。
 >バルバエキスを銃弾で打ち込むんですが前話で砲弾化しているので違和感なかったですね。
これは重要なポイントで、前回の要素が巧く繋がりましたねー。
 >理央の子役の江原氏、どこかで見たと思ったら、翌年ゴーオンゴールド、大翔の子役でもあったんですね。驚いた
おお、2作続けて、二枚目ポジションの子供時代だったのですかー。