はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ブ・ヒーーーーッ!(ルイージのサーブの時のかけ声がそう聞こえる)

マリオテニスGC
友人宅でマリオテニスGC任天堂)をやらせてもらいました。
ワルイージは、思ったより素敵でした。その内是非、『スーパーワリオブラザーズ』希望。
ゲームは、非常に馴染みやすい出来。昨今の任天堂の方針として、“パーティゲームとしての機能性”というのが挙げられると思うのですが、その点、さすがの造り。とにかくまず、基本の操作方法が単純明快。そして、ラケットの当たり判定が非常に甘く広い(言い方変えると、大雑把)。また、OUTがほとんどありません。テニスゲームには割とタイミング判定が辛く、ラリーを普通に出来るようになるまである程度の練習が必要な物もありますが、今作は多分、ほとんどの人が始めて間もなくラリーできるようになります。多少タイミングが早くても、最弱の溜め打ちと勝手に判断してくれて、ラケット振るまでに自動的にタイムラグが生じる事で割と打てたりしますし。極端な話、ボールの近くに走っていって、適当にラケット振れば、だいたい相手の所に返ります(笑)
ただ、それで底の浅いお手軽ゲームかというとそんな事はなく、きっちりと戦略要素も織り込んであり、ロブやドロップショットなども使い分け可能。溜め打ちによる狙い澄ましたパワーショットや、ネット際での攻防など、テニスゲームとしてもしっかり高い完成度。
一人プレイはしていないので多人数プレイでのみの評価となりますが、とにかく、パーティテニスゲームとしての出来が素晴らしいです。数ゲームやるだけで、ほぼ誰でもワイワイやれるように造りは、まさにお見事。こういうゲーム作ってしまえるのは、ホント凄いです。
気付いた欠点としては、コートの奥側だと若干ボールが見えにくくなる時がある、ですかね。コートにもよりますが、ボールはもう少しクリアに見えるようにして欲しかったかなとは。
しかしホント、面白かったです。キューブ持っている方には、お薦め。