はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

杉浦日向子先生、死去

ご焼香がわりといってはなんですが、一ファンとしてお悔やみの意を込めて、新潮文庫の『一日江戸人』を購入。今年4月か5月ぐらいの新刊で、じわじわ売れている1冊。

一日江戸人 (新潮文庫)

一日江戸人 (新潮文庫)

正直、杉浦日向子先生といえば私の中では『お江戸でござる』の人であって、マンガを書いているという事すら去年知ったぐらいで著作を読んだ事も無かったのですが、この機会に1冊、読ませていただきます。。
まだ最初の方をちょっと読んだだけなのですが、イラストをふんだんに盛り込んだ、江戸風俗に関する軽い読み物、といった感じ。