はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

日本かんたん特撮史2

前回、3項目しか減ってない(笑)


1966年 『ウルトラQ』『ウルトラマン』(TV)
1967年 『ウルトラセブン』(TV)
1971年 『仮面ライダー』(TV)
1974年 『ウルトラマンレオ』(TV) ※第2期ウルトラシリーズ終焉
1975年 『メカゴジラの逆襲』(映画) ※第1期ゴジラシリーズ終焉
    『秘密戦隊ゴレンジャー』『仮面ライダーストロンガー』(TV) ※第1期仮面ライダーシリーズ終焉
1980年 『ウルトラマン80』(TV)
1982年 『宇宙刑事ギャバン』(TV)
1984年 『ゴジラ』(映画)
1987年 『仮面ライダーBLACK』(TV)
1989年 『ゴジラVSビオランテ』(映画)
1995年 『ガメラ〜大怪獣空中決戦〜』『ゴジラVSデストロイア』(映画)
    『超力戦隊オーレンジャー』(TV) ※スーパー戦隊シリーズ20周年記念作品
1996年 『超光戦士シャンゼリオン』『ウルトラマンティガ』(TV) ※ウルトラシリーズ30周年記念作品
2000年 『仮面ライダークウガ』(TV) ※仮面ライダーシリーズ30周年記念作品
ゴジラ公開の1954年に継ぐビッグイヤーが、ウルトラQ』『ウルトラマンの2作品がTV放映される1966年。
というかそれこそ本当に、『ゴジラ』と『ウルトラマン』(ただし、この2作は『ウルトラQ』という橋渡しを経て連鎖している)というのが、二大決定的作品であって、その他は全て亜流であり枝分かれであると言ってしまっても今度こそ過言ではない。
勿論、『ウルトラQ』というのは非常に重要(であるし個人的にも大好き)な作品なわけですが、後世への広範な影響という点では圧倒的に『ウルトラマン』。まあ、『Q』と『マン』は実質的に連鎖しているので、歴史的には同一だと思って話しても良いとは思っているのですけどね。
とまあそんなわけで(結局どうなんだ)、後のウルトラシリーズの源流となる伝説的作品、空想特撮シリーズ『ウルトラQ』がTVに登場。懐古主義と言われようがカルト趣味と言われようが、特撮者を名乗るならば、必見です。絶対お薦め。もの凄いピンキリあるのでまずい話はかなりまずいですが、その代わり、上質の話はまさに絶品。
そしてシリーズ作品として、いよいよ『ウルトラマン』登場。
まあもはやこれは、『ガンダム』と並ぶ日本サブカルチャー界の二大呪いの一つなので説明の必要も無いとは思いますが、特撮史としては、TV特撮の始まりにして、ここが初期の一つのピーク。
特撮映画→(怪獣映画)*1→特撮TVシリーズというシフトは成功し、70年代に入ると百花繚乱の時代が来るわけですが、同時に低予算競争も始まるので(笑)
ウルトラマン』に関しては時代と見事にマッチしたというか、カラーの力、というのも凄まじく大きかったとは思いますが、何はなくとも、大成功。一つの基盤(にして一つの大いなる呪い*2)が確立されたのでありました。
翌年のウルトラセブンに関しては、語り出すと長くなりすぎるので割愛。
なおここまでが俗に第1期ウルトラシリーズと称される場合が多いです。
1971年には、仮面ライダー登場。
大ヒット作となり、“変身”ブームの引き金となります。また、“原作:石森章太郎”時代の幕開け。
同年には『帰ってきたウルトラマン』も始まり、第2期ウルトラシリーズも開始。巨大ヒーローと等身大ヒーローが入り乱れ、多くのカルト作品も出没した百花繚乱の特撮ブームとなります。
まさに春。
このムーブメントが約5年間。
しかし1975年には、逆ビッグイヤーが来ます(^^;
映画メカゴジラの逆襲をもって、定番化していたゴジラシリーズが終了。これはもはや、一つの時代の終わり、と言ってしまっても良いでしょう。
そしてTVでは、ウルトラマンレオ』『仮面ライダーストロンガーをもってそれぞれ、第2期ウルトラマンシリーズと第1期仮面ライダーシリーズが終了。
実はこの、3〜5年というのがだいたい一つのサイクルとなっております。
そういう点では、関係者はたびたび口にしていますが、現行の平成ライダーシリーズは6年目突入という事で、一つの壁を破っており、ホントによく続いています。
で、特撮ブームの春に終わりの兆しが見えそうになりつつある一方で、この年には後のスーパー戦隊シリーズの嚆矢となる秘密戦隊ゴレンジャーがスタート。
まだまだブームは終わらないぞ、という雰囲気も出るのですが、実はこの戦隊シリーズというのは、結果として特撮史的には非常に特殊な存在であったりするわけで、その話はまた別に。
ウルトラマン』から数えて約10年、特撮の歴史において一つの転換点となったのが、この1975年。
さて次回、80年代以降の話を……て、いい加減、次あたりで終わらせたいですが(笑)
結局、話長いよ私。

*1:これはほぼ同時進行

*2:加護、と言い換えても良いですが