はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

贋作画廊

ギャラリーフェイク: ニンベン師 (7) (ビッグコミックス)

ギャラリーフェイク: ニンベン師 (7) (ビッグコミックス)

最近ふと縁があって、『ギャラリーフェイク』(細野不二彦)の再読などしています。
正直この人は、最近あんまりいい方向に進化していない気がするんですが、改めてやはり、この頃の方が好きだなぁ。まあ、三田村館長派としては、館長の可愛さが段違いの前半の方が好感を持って読めるというのもあるんですが(笑) けっこう、三田村館長も後半割とぞんざいな扱いになりますし。
まあ何より、初期は、描き方の丁寧さが全然違うというか、細野さん、やっぱり途中で、キャラの描き方が雑になってるなぁ……前半の三田村館長とか、出てくる度に、かなり丁寧に描いているのに。
ちなみに一番好きな作品は『東京探偵団』。まあ結局、その頃のタッチが好きなのね、と言われればまあそれまでではありますが。