はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『レイトン教授と不思議な町』クリア

タイミングよく、新作発売前にクリアできました!
・・・新作すぐ買うかはわかりませんが。
プレイ時間は約10時間。初回で見つけた謎102、解けた謎102。120個、謎があるらしいので、後であちこち町の中をクリックしてまわらなければなりません。
コストパフォーマンスとしてはやや微妙ですが、根を詰めて一気にやるというゲームでもないので、気分転換なども兼ねてぼちぼち、という位置づけとしては充分に面白かったし満足いく出来でした。
クリア後の隠し難問もありますし。
ゲームとしては、アドベンチャーつき『頭の体操』(多湖輝)、以外のなにものでもないので、多湖輝的『頭の体操』が好きかどうかが全てという感じです。好きな人にはお勧め。駄目な人には全く向きません(^^; まあ、ヒントメダル利用した上でのセーブ・ロードも可能なので、クリアするだけならある程度はなんとでもなる親切設計にはなっております。割と難しい問題もありますが、ヒントメダルはけっこう潤沢。
ちなみに、書籍『頭の体操』に親しんでいるかどうかで結構難易度変わるかもしれません。
不満としては、タッチペンで画面上にフリーのメモを書ける問題と書けない問題があって、書きたい問題の時に限って書けなかったりする事。中盤以降は、傍らにメモが無いと厳しい問題も結構あります。これはまあ、DSのゲームとしては、ちょっと問題かな、と。
音楽もかなり好みで、サントラ出ているなら割と欲しいかもぐらい。
素直に続編が楽しみな1本です。