はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

最近読んで面白かったマンガ(『岳』1〜6巻)

岳 (1) (ビッグコミックス)

岳 (1) (ビッグコミックス)

ビッグコミックオリジナル連載中で、小学館が大人向けに地味に推しているマンガの一つ。
主人公は海外での豊富な経験を持ち、日本アルプスで山岳救助のボランティアを行っている青年、島崎三歩。文字通りに山を住まいとする三歩と、山を訪れる人々、山で起きる事件の関わりを描く。
主な題材は遭難者のレスキュー活動で、ときどき人情話もあったりして、という形で基本は一話完結形式。
久しぶりにビッグコミックオリジナルのマンガを読んだのですが、改めて日本のコミック雑誌市場における、ビッグコミック及びビッグコミックオリジナルという存在の凄みと深みを感じさせてくれた、噛み応えのある作品。
良い悪いではなく、例えばこれを少年マンガでやると、スーパーレスキューマンガになるのでしょうが、主人公の能力をかなり高く設定した上でなお、救えない命があり、悲劇があり、それでも山にしか無いものがあり、それら全てひっくるめた所でほぼ一話完結形式でドラマをまとめているのは見事。これを連載できるのは、ビッグコミックならでは、という気がします。
欠点というか、内容がかなりハードなので、具合悪い時などに読むとダメージが後に残ります(^^; シビアでシリアス、それ故に骨太。よく出来ている故に苦い。しかし、面白い。そんなマンガ。
雰囲気的には、『MASTERキートン』の頃の浦沢直樹をやや彷彿とさせる感じ。